1. 面接本番で練習を無駄にしないために意識すべきこと

面接本番で練習を無駄にしないために意識すべきこと

by flatworldsedge
 面接のためにしっかり自己分析を行い、リハーサルをして本番に臨んでも、面接官が望んでいる回答と違うことを答えてしまったり、意地悪い質問に腹を立ててそれを態度に出したり、そもそも面接官の質問に答えられなかったり、といったことでは、選考通過はとても難しいでしょう。せっかくの面接練習が無駄になってしまいます。

 面接官は、志望者の能力、経験、スキルを評価するだけではありません。社会人として、問題ない人物か、人格面の判断もしっかりします。その会社で長く勤まるかどうかが大切なポイントになるからです。

明るくゆっくりと話す

 面接練習には貴重な時間を費やすわけですから、努力が無駄なものではなく、良い結果に繋がるものにしなければなりません。冒頭でも書いたように、人格面を面接官は重要視します。ですから、話し方については特に練習の成果が出るよう気をつけなければなりません。 話すスピードは面接ではとても大切で、これが適切でないと面接官にメッセージが伝わりません。

 また、言葉をはっきりと話すことも必要です。何か回答したとき、面接官の反応を見て下さい。面接官が怪訝そうな顔をしていれば、スピードか言葉の明瞭性に問題があると言って良いでしょう。そんなときはすぐに修正し、次回以降の回答では、もっとゆっくり、またははっきりと回答することを心がける必要があります。この自分の中でのリカバリーは、発言の都度行うべきでしょう。その他にも声のトーンは大切です。あまりにも高いキーはいけませんが、やはり声に明るさがある方が望まれます。

笑顔でフレンドリーに見せる

 面接では笑顔を絶やさぬようにすることが面接練習を無駄にしないための大切なポイントです。想定外の質問、圧迫質問であっても決して笑顔を絶やさないことです。また、笑顔で話すことで、いい意味で面接官とフレンドリーな関係を築くことができるため、会話のキャッチボールもスムーズになります。あとは適切なタイミングで面接者と目線を合わせることが大切ではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する