1. 送別会を欠席するときに失礼のない断り方をするポイント

送別会を欠席するときに失礼のない断り方をするポイント

送別会を欠席するときに失礼のない断り方をするポイント 1番目の画像

 会社でお世話になった人の送別会に、やむを得ない理由があって参加できないこともあるだろう。

 面倒をみてもらった先輩の送別会の出席を断るとなると、その断り方にも気を遣うものだ。

 そこで今回は失礼のない送別会の断り方や送別会の欠席メールの書き方を紹介したい。

送別会を欠席するとき&送別会の断り方マナー

 基本的には参加することが大前提である送別会。

 そんな送別会を断るとなると、普段の飲み会の欠席連絡よりも丁寧に対応する必要がある。

 送別会を断る人は下記のマナーを参考に、相手に失礼のないような断り方をしてもらいたい。

送別会を欠席するとき&送別会の断り方マナー①:幹事に連絡する

 送別会に出られないことがわかったら、まず真っ先に幹事に送別会の日が都合が悪いということを伝えよう。

 その際には「送別会を欠席します」と断るのではなく、送別会を欠席する理由を幹事に伝えた上で、「欠席しても大丈夫でしょうか?」などと相談ベースで伺いを立ててみるといい。

 送別会を欠席する旨は、幹事に直接相談するのがベスト。とはいえ仕事が忙しかったり、席が遠かったりすると、なかなか相談できないということもあるだろう。

 そんなときは、きちんと欠席せざるを得ない理由を記した送別会の欠席メールを送ってほしい。

送別会を欠席するとき&送別会の断り方マナー②:プレゼント代を負担すると申し出る

 送別会を欠席するメールや相談するときは、「プレゼント代を負担する」と自ら申し出るといいだろう。

 送別会の会費は「会場費、食事代、プレゼント代」などの合計額から決まる。

 たとえ送別会に不参加でも、お世話になった人へのプレゼント代の折半には参加することができるはずだ。

 お世話になった先輩や上司、同僚の餞に、プレゼント代だけでも出すようにしよう。

【文例】送別会の欠席メール

  • このたびは○○さんの送別会のご案内をいただき
    ありがとうございます。

    ぜひ参加したいのですが、その日は先約が入っており
    残念ですが参加することができません。

    ただ、○○さんには日頃大変お世話になっていたので
    感謝の気持ちを申し上げたいと思っております。

    もし、プレゼント代等だけでも参加してよいのであれば、
    ぜひお仲間に入れていただけないでしょうか。

  そうなった場合は、一度幹事に問い合わせてみましょう。送別会の本人には、別の日に参加できない旨を伝えて直接感謝の言葉を伝えましょう。

送別会を欠席するとき&送別会の断り方マナー②:送別会の主役にも連絡する

 送別会を欠席することが決まったら、送別会の主役にも欠席の旨と欠席する理由を伝えよう。

 幹事に連絡するときと同じく、できれば口頭で伝えるのが望ましい。ただ、なるべく早く連絡するためにも、なかなか時間がとれないときには忙しい時間帯を避けた上でメールを送ってほしい。

 また、送別会当日にもお詫びの言葉を伝えるといいだろう。送別会当日が最終出勤日であれば、今までの感謝と欠席を詫びる気持ちを込めて挨拶することが大切だ。

 「残念ながら送別会には行けないので、日程合わせて絶対に飲みに行きましょう!」などと伝えれば、相手も“また今度ね!”とポジティブな気持ちになってくれるだろう。

体調不良で送別会を欠席するときの断り方

体調不良で送別会を欠席するときは「正直な理由」を話す!

 体調が優れないまま送別会に参加しても、主役を気分よく送り出せないばかりか周りの人にも気を遣わせてしまう。

 体調不良で欠席したい場合には、正直に体調不良であることを伝えるのが失礼のない断り方だ。

 案内メールが届いた場合は以下のような断りのメールを幹事に送ろう。

【メール・文例】体調不良で送別会の出席を断る場合

  • 当日のご連絡で大変申し訳ありませんが、
    体調不良のため本日の送別会を欠席したいです。

    ○○さんによろしくお伝えください。

体調不良で欠席する旨を送別会の主役にも伝える

 幹事からメッセージや写真などの依頼をされたときには、快く協力するのがマナーだ。

 また、幹事に連絡したら、送別会の主役にも体調不良で送別会に参加できないことを正直に話し、今までの感謝の言葉を伝えよう

 普段一緒に仕事をしてきた仲間なら事情をわかってくれるはずだ。

 感謝の意味で餞別やプレゼントなどを渡したいときは、本人が会社にいる間に直接渡すか、送別会に参加する人にお願いするといいだろう。

あまりお世話になっていない人の送別会の断り方

会社の送別会は他部署の人と知り合うチャンス!

 大きな会社に務めていると、部署が違ったり直接話した事がなかったりで、あまりお世話になっていない人の送別会の案内がくることもあるだろう。

 あまり気が進まない送別会を欠席したくても、とくに理由がなければ断り方に困るはずだ。

 送別会は他の部署の人と話すことができたり、会社に馴染めたりする良い機会でもあるため、できる限り出席することが望ましい。

あまりお世話になっていない人の送別会を断るとき、無理に理由を作らない

 しかし、知らない人ばかりの空間に一人でポツンとしているのが不安で、欠席したいという場合もある。

 そんなときは、無理に理由を作ろうとせず「先約があるため」「その日は用事があるため」という理由で欠席の旨を伝えるのが失礼のない断り方だ。

 「法事」や「体調不良」など、その場しのぎの嘘はあとで知られたときに本人をがっかりさせ、みんなからの信用を無くす恐れもあるので気をつけよう。

 また、本人には送別会に参加できないことや感謝の言葉、ねぎらいの言葉などを直接伝えることが大切だ。

 
 お世話になってきた上司や先輩を送り出す送別会。さまざまな理由で出席できないこともあるものだ。

 今回紹介した失礼のない送別会の断り方や送別会の欠席メールの書き方を参考に、誰に対しても思いやりのある対応をしてほしい。



「社風に合っていない」「上司とソリが合わない」今の環境に不満があるなら「パソナキャリア」で転職!

送別会を欠席するときに失礼のない断り方をするポイント 2番目の画像

 「宴会や飲み会が楽しくない」「上司との付き合いで夜が辛い……」など今の環境に馴染めずにいる人もいるだろう。

 上司の世代は、飲み会が一つのコミュニケーションの場と捉える「飲みニケーション文化」が当たり前であったため、今の若手ビジネスマンには堪え難い人も多いだろう。

 飲み会が苦痛に感じる場合は、転職エージェント「パソナキャリア」での転職活動をおすすめする。

 「パソナキャリア」は、業界トップクラスの求人数40000件以上を持っており、25万人の転職実績を持つため、自分に合った希望の企業のマッチ度が高い。

 親身なカウンセリングから転職活動の対策まで全て無料で行える点は最大の魅力だ。

 「転職の前に悩み相談をしたい」「自分に合った企業があるか聞きたい」など探り探りで転職を検討している人は、ぜひ一度チェックしてみるといい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する