1. 会社の送別会を欠席する時に相手に失礼のないようにするための断り方のポイント

会社の送別会を欠席する時に相手に失礼のないようにするための断り方のポイント

 会社でお世話になった人の送別会、本当はぜひ参加したいところですが、理由があって欠席しなければならない時もあると思います。そこで使える、失礼のない断り方とはどのようなものでしょうか。案内を貰った幹事には、送別会に参加したいけれどできなくてとても残念だという気持ちを伝えましょう。そして、送別会の本人にも直接会ってその気持ちと、感謝の言葉を述べましょう。

プレゼント代だけ参加すると伝える

 送別会の会費は、会場費・食事代・プレゼント代などを合計して決定します。送別会の日は予定が入っていて参加できないけれど、お世話になったのでプレゼントは参加したいという場合は、プレゼント代だけ幹事に預けることもできるのではないでしょうか。

 そんな時は「この度は、○○さんの送別会のご案内をいただき、ありがとうございます。ぜひ参加したいのですが、その日は先約が入っており残念ですが参加することができません。ただ、○○さんには日頃大変お世話になっていたので感謝の気持ちを申し上げたいと思っております。もし、プレゼント代等だけでも参加させていただけるのであれば、ぜひお仲間に入れていただけませんでしょうか。」と言うのが失礼のない断り方です。

 そうなった場合は、一度幹事に問い合わせてみましょう。送別会の本人には、別の日に参加できない旨を伝えて直接感謝の言葉を伝えましょう。

体調不良で欠席する時の断り方

 体調が優れない時は、送別会に参加しても気分よく送り出せないばかりか周りの人にも気を遣わせてしまいそうです。そんな時は、正直に話すのが失礼のない断り方です。案内メールが届いた場合は「体調不良のため欠席します。○○さんによろしくお伝えください。」のような断りのメールを返信しましょう。そして、メッセージや写真などの依頼が来た時は快く協力しましょう。

 本人にも、体調が良くなくて送別会に参加できないことを正直に話し、お世話になったことへの感謝の言葉を伝えましょう。普段一緒に仕事したりしている仲間なら分かってくれるはずです。感謝の意味で餞別やプレゼントなどを渡したい時は、本人が会社にいる間に直接渡すか、送別会に参加する人にお願いしても良いでしょう。

あまりお世話になっていない人の場合

 部署が違ったり直接話した事が無かったりで、あまりお世話になっていない人の送別会の案内がきて欠席したい時、特に理由もなかったら断り方に困ってしまいますね。送別会は他の部署の人と話すことができたり、会社に馴染めたりする良い機会でもあるのでできるだけ出席することが望ましいです。しかし、知らない人ばかりで一人でポツンとしているのも不安なので、欠席したいという場合もあるでしょう。

 そんな時は、無理に理由を作ろうとせず「先約があるため」「その日は用事があるため」という理由で欠席の旨を伝えるのが失礼のない断り方です。「法事」や「体調不良」など、その場しのぎの嘘はあとで知られた時に本人をがっかりさせ、みんなからの信用を無くす恐れもあるので気をつけましょう。また、本人には送別会に参加できないことや感謝の言葉、ねぎらいの言葉などを直接伝えることが大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する