1. 社会人が英語を学習して身に付けることで得られる最大のメリット

社会人が英語を学習して身に付けることで得られる最大のメリット

 社会人が、英語を学習することのメリットについて考えてみたいと思います。メリットとして
まず言えることは、英語を学習することによって自分の仕事の幅が格段に広がると言うことです。
今やたくさんの日本企業が海外に進出しています。昔は右肩上がりの経済でしたが現在は、経済の停滞時期に入っていることは誰もが知っていることです。
今や日本経済はグローバルで戦っている時代です。

 
そんな中において、社会人が英語を学習するということは、グローバル時代を戦っていくためには必須なスキルであることは間違いありません。

英語は仕事の幅を広げるためのスキル

 社会人が持っておくとメリットになるスキルには色々ありますが、英語を話せる・書けるというスキルを持っておくことで格段に仕事の幅を広げられることは
言うまでもありません。
英語のスキルを測る資格の1つとしてTOEICスコアが挙げられます。グローバルに展開している多くの企業では、このTOEICのスコアが最低730点であれば
海外でも活躍できる英語のレベルだとしています。


 社会人が英語を学習し、TOEICのスコアを730点以上までにレベルを上げることができれば、海外への駐在や海外拠点とのやりとりの中核として活躍する
ことができます。
このように、社会人が英語のスキルを持っているのと持っていないのではおのずと大きな差が出来てきてしまいます。


英語を使えれば
転職が有利になる

 先ほどはTOEICスコアを高いレベルに引き上げることによって、自分の仕事の幅を広げられることをご紹介しました。
これは同時に、自分が転職をしたいと思った時に大きなメリット・武器になることは間違いありません。


 このグローバルな時代の中で、英語の高いスキルを保有する社会人を必要としている日本企業はたくさん存在しています。
海外に進出している企業の多くが、英語でコミュニケーションが可能な社会人を即戦力として採用しています。
英語の高いスキルを持っている人とそうでない人を比較した場合、即戦力として活躍できる社会人を採用したい企業は
当然ながら英語の高いスキルを持っている人を率先して採用しています。

 

このように社会人が英語を学習することの最大のメリットとして、仕事の幅を広げられることが挙げられます。また、もし転職をしたいと考えた時に武器となるのが
英語の高いスキルを持つことで転職が有利に働くという大きなメリットがあるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する