1. 女性が採用面接の時に聞いておくべき逆質問の内容

女性が採用面接の時に聞いておくべき逆質問の内容

 女性が新しい職場でより長く働きやすい環境で勤めていくには、女性だからこそ聞いておかなければならない事がいくつかあります。ここでは、女性が面接などの時に会社の人に聞いておいたほうが良い質問をご紹介します。

就職するに当たっての心構え

 まず最初は「心構え」です。これは、これから働いていく会社の男女の比例に対して働けていけるかどうかということです。

 女性が多い職場なら新しい環境でも色々な面で安心だとは思いますが、中には男性が多い職場も少なくはありません。そんな中で自分は上手くやっていけるのか、上司や同僚に女性としてどう扱ってもらえるのかをある程度把握しておく必要があります。面接時に職場の環境を聞いて心構えをする必要があるのです。

結婚について

 職場の女性が結婚しても働き続け、職場の人達がそれを受け入れてくれて、結婚後も働きやすい環境であるのかということを自分自身の将来の為に必ず知っておく必要があります。

 面接時に女性としてこれから結婚も視野に入れると言っておくと、それに対して会社側は結婚しても働きやすい環境であるのか、現にそのような経験をしている社員がどれだけいるかだけでも答えてくれれば自分に当てはめやすく、将来の事も考えやすいです。

出産や育児について

 必ずしも子供を産んで働き続けると言う訳ではありませんが、女性ならでは少なからず頭に入れておいた方が良い事です。結婚しても子供がいなければ時間も仕事内容も変わらずやっていけますが、これが妊娠・出産・育児となると大きく変わっていきます。

 果たして自分が妊娠した時は会社に理解してもらえるのか、理解してもらったとしても妊娠時にも働けるような仕事内容はあるのか、体調に合わせてのスケジュールは対応してくれるのかなどといった様々な問題が出てきます。面接時にこのよう事を簡単に話しておくと、いざ自分がそうなった時に会社側も困らないと思うので上記のような事は聞いておく必要があります。

 さらに、子供がいると今までのような働き方はますます難しくなっていきます。そうなると自分だけでは手が回らなくなってきて、会社の人にも今まで以上に協力してもらう必要があるのです。

 考えなければいけないことは、育児休暇の事や仕事に復帰する際の子供の預かり先などたくさんあります。これらの事をある程度調べて知っておけば、将来の事を考えながら働くことが出来るのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する