1. 退職する取引先の方への贈り物【品物選びのポイントとおすすめの商品】

退職する取引先の方への贈り物【品物選びのポイントとおすすめの商品】

by Max Braun
 お世話になった取引先の人が退職すると聞いて、「感謝の気持ちを形にしたい。何か適切な贈り物はないだろうか?」と考えることもあるでしょう。退職してしまえば仕事上の関係は終わってしまいますが、人間同士の付き合いが終わるわけではありません。ただ、社外の取引先ですので失礼があってはいけませんし、どんな贈り物を用意したらいいか、迷うことも多いでしょう。ここでは、取引先の方に退職祝いをするときの品物選びのポイントと、おすすめの贈り物を紹介していきます。

品物選びのポイント

 まず、先方が負担に感じるような高価な贈り物は避けなくてはなりません。価格は2000円〜3000円。高くても5000円ぐらいが良いでしょう。2000円以下でも失礼ということはありません。ただし、ネーム入りのような品物を用意するのも控えましょう。使い勝手が悪く、先方を恐縮させるだけです。

 また、個人的な趣味によって好みの分かれる、服飾品などはやめた方が無難です。ハンカチなどの小物であれば、迷惑にはならないでしょうが、それでも趣味に合わなければ実際に使わないケースが多いでしょう。

 ですから、無難なところで箱入りの筆記具やインテリア小物、デスクで使うトレーやカード入れのようなステーショナリーなどを選ぶと間違いはありません。なお、先方はそれを自宅まで持って帰らなければならないのですから、重いものやかさばるものも避けましょう。

おすすめの贈り物

 おすすめのものをいくつは紹介しておきます。まず、退職者の年齢や性別を問わず喜ばれるのが「ブックカバー」。小さく軽いため、「仕事の取引先」という関係性から考えてもふさわしいギフトではないでしょうか。また「知的」というイメージもあります。素材などによって価格幅も大きいので、予算に応じて用意することができるでしょう。

 それから、「お祝い」という気持ちを表すために、富士山をモチーフにした食器類はいかがでしょうか。富士山を象ったグラスなどが、最近多くのショップで販売されています。男性定年退職者なら、「富士山型のぐい飲み」もシャレたギフトです。ユーモアを感じられる贈り物と言ってもいいでしょう。また「扇子」は末広がりという縁起物ですので、ある程度の年配の方なら、「気の利いた、おめでたい退職祝い」と感じていただけるはずです。

 女性退職者限定のおすすめギフトは「ボックスフラワー」。フラワーアレンジメントの一種ですが、四角い箱の中に生花がぎっしり詰められた華やかなギフトです。より長く楽しめる「プリザーブドフラワー」も最近人気です。先方は小さく軽い箱を贈られて、「何だろう」と思って家で開けて見たらば、色とりどりの花がぎっしり。ちょっとしたサプライズにもなるのではないでしょうか。先方が女性なら、まず間違いなく喜んでいただけるはずです。

 
 よほど親しく、先方の好みが良くわかっている場合には、食品類や酒類を選んでもいいでしょう。相手の心情や事情をよく慮って、失礼のない、そしてできるだけ喜んでいただける品物を選ぶように心がけてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する