1. 【ビジネスシーンで活きる!】英語での電話のかけ方

【ビジネスシーンで活きる!】英語での電話のかけ方

by Kris Krug
 たくさんの人が、ビジネスシーンにおいて、英語で電話をかけることを難しいと感じています。上手に英語で電話をかけるために、前もって準備することが非常に大事です。準備することによって、効率的に英語でビジネスの会話ができます。電話をかけるとき、あなたがどのように電話をかけるかによって、第一印象が決まることを忘れないでください。ビジネスシーンにおいて英語で電話をかけるとき、プロフェッショナルに振る舞わなければいけません。

英語で電話をかけるときの準備

 電話をかける際に、必要な情報や物を全て集めてください。電話番号、話したい人のフルネーム、スケジュール帳、ペン、メモ帳などをすぐ手が届くところに置いてください。電話で会話がしやすくなるように、なるべく静かな場所に行くようにしてください。電話をする目的を考え、何を話さなければよいかなど、重要なポイントをメモしておきましょう。

英語で電話をかけるときのかけ方

 ビジネスシーンにおいて、英語で電話をかけるときのかけ方には、3つの段階があります。それは、自己紹介、話の内容、話のまとめです。最初に自分の名前やどの会社に所属しているかなどの短い自己紹介してください。

 自己紹介の後、電話の相手に、感謝の気持ちを伝えてください。大切なビジネスパートナーになる可能性がある電話の相手に、忙しい仕事の合間に自分のために時間を割いてくれたことの感謝の気持ちを表現する必要があります。そこで、電話の相手に、少し話す時間があるか最初に確認をしましょう。もし、相手が忙しくて時間がないときは、電話をかけなおしても良い時間を聞いて、後でかけなおすようにしてください。相手に話す時間があるときは、自分が電話をしている理由をはっきり述べ、簡潔に話の内容を説明し、電話での会話が無駄に長くなってしまわないように気を付けましょう。会話の重要なポイントを言ったとき、相手に自分が言ったことを繰り返して言ってもらい、相手が会話の内容をちゃんと理解しているか確認するとより良いでしょう。

 最後に、話の内容の重要なポイントのまとめを伝えましょう。そして、お互い気持ちよく電話の会話が終わるようにしてください。

ビジネスシーンにおいて英語で電話をかけるときの注意点

 適度な丁寧さを考えながら、英語で電話をかける必要があります。あまりにも丁寧な英語すぎると、相手はリラックスできませんし、あまりにもくだけた英語の話し方だと、とても無礼な印象になってしまいます。礼儀正しい英語になるように、“Please”や“Thank you” をなるべくたくさん言うようにしましょう。ビジネスシーンで、電話での話相手が英語のネイティブスピーカーの場合、相手は早口で話すことが多いはずです。話すスピードが速すぎて英語がなかなか聞き取れないときは、直ちにゆっくり話すように相手に頼みましょう。確実に相手の言った事を理解するために、重要なポイントをメモに取りながら、確認のために繰り返して言うときちんと理解できるはずです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する