1. 面接において「失敗を克服した経験」をアピールするために意識すべきこと

面接において「失敗を克服した経験」をアピールするために意識すべきこと

by JustinJensen
 会社の面接で試されることは多くあります。面接官もこれから会社の戦力となる人材を確保するために応募者に対して、様々なアプローチを行います。その中で、応募者の人間力を試すために失敗を克服したエピソードを聞くというアプローチがあります。人間は誰もが失敗をするものです。しかし、それをどうリカバリーするかに人間力が試されるのす。今回は面接において「失敗を克服した経験」をアピールするために意識べきことについて紹介していきます。

1. 失敗したことを素直に言う

 面接官はあなたがその失敗により何を学んだか、そして、その失敗をどう克服したかということを聞きたいので、「私は失敗したことをありません」などということはやめてください。仮に失敗したことがなくても無理やりエピソードを創出してください。

2. 対処法を強調する

 面接官が聞きたいのは、あなたがその失敗に立ち向かえる人間力を持っているかどうかです。例えば「以前の職場で大きな発注ミスをしてしまいました。大量の在庫を誤って抱えてしまいましたが、別の企画を考えそこですべて売ることができたので損益を取り戻すことができました。」など失敗をチャンスに変え新しいビジネスチャンスを作り出すなどの前向きな克服の仕方はとてもアピールポイントになります。

3.  失敗を自分の血肉にする人間力

 失敗したことのないと言う人は反省しない人間だと宣伝しているのと同じです。失敗を自分を成長させてくれるものと捉え、その経験を大切にし立ち向かえる強さこそ面接官が求めているものなのです。

4. まとめ

 会社の面接では面接官は色々な質問をしてきます。そのため。状況に応じた応対が必要ですが、「失敗を克服したエピソード」を想定しておくことは大切でしょう。何よりも挫折から立ち直れる強さをアピールすることが出来るからです。

 会社に入ると問題やトラブルと直面する機会が多々あります。そこから逃げ出さずに立ち向かえる人間こそが、会社を成長させることの出来る人材であるのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する