1. 甘えるな! あなたが仕事をミスる3つの原因 “ねだるな勝ち取れ、さすれば与えられん”

甘えるな! あなたが仕事をミスる3つの原因 “ねだるな勝ち取れ、さすれば与えられん”

出典:www.flickr.com
 仕事のミスが多い人と、ほとんど仕事のミスをしない人の違いはどこにあるのだろか? 仕事のミスは誰でも避けたいもの。それなのにどうして、仕事のミスばかりする人がいるのか? ここでは仕事のミスが多い人に共通の特徴を考えながら、どうすれば仕事のミスを減らすことができるか考えてみよう。

仕事をミスる原因:1. 準備不足

 大リーグヤンキースのイチロー選手が、誰よりも早く球場入りして、人一倍念入りなウォーミングアップをすることは有名である。彼はその十分な準備のために怪我をすることがなく、またプレー上のミスも他の選手に比べて極端に少ないのだ。

 どんな仕事でも準備は大切。しかし、ミスの多い人はこの仕事の準備をおざなりにして、行き当たりばったりで仕事を進めていってしまう。仕事を進める中でその都度、「これはどうだっけ。あの資料はどこにあったっけ」と、余計な時間を使う。そうなると時間に追われ、焦って仕事をすることになりがち。これでは仕事のミスが多くなるのも当然だろう。

 仕事のミスを減らすためには、イチロー選手のように入念なウォーミングアップをすること。例えば、今までより30分早く出社してその日の仕事の準備をするだけで、ミスはずっと減るはずだ。

仕事をミスる原因:2.極端な神経

 仕事のミスが多い人の次の共通点は、「極端な神経」だ。つまり、「神経過敏」か「無神経」ということ。仕事に神経質になりすぎて「またミスしてしまうのではないか…」とマイナス思考で仕事をしたら、ミスを繰り返してしまうだろう。逆に、仕事に対して万事無神経でルーズな人は、その性格が仕事のミスに繋がる。

 人間にとって「極端」は、マイナスな方向に進んでしまいがちだ。仕事に必要以上に神経質にならないよう注意すること、また無神経な性格を自覚し、これを改善すること。これが仕事のミスを少なくするための道である。

仕事をミスる原因:3.反省はしても対策は講じない

 「ミスをすればその都度、反省はする。しかし有効な対策を講じようとは考えない」というのも仕事のミスの多い人の共通点だ。仕事をミスしてもその場しのぎの対応に終始し、抜本的な対策、つまり長い目で見た仕事の自己改革を考えないことだ。

 それは、自分の成長に繋がらない。1つのミスの反省をすることも必要であるが、ミスの反省よりも大切なのは「ミスをしない体質改善」を考えること。健康について言われる体質改善が、仕事をする上でも必要なのである。「どうしてミスをしてしまうのか。なぜそれを繰り返すのか」を自己分析し、「ではどうしたらいいのか」という対策を考え、実行する。仕事のミスを繰り返さないためには、これが大切なのだ。


 以上、仕事のミスが多い人に共通の特徴を考えながら、どうすれば仕事のミスを減らすことができるかを考えてきた。自分が該当する項目はあっただろうか? これを読んで、少しでも当てはまっていると感じた人は、仕事のミスを減らすための対策をすぐに始めるべきであろう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する