1. 【やるなら最大限盛り上げよう!】歓迎会で行う余興の「ネタの考え方」3つのポイント

【やるなら最大限盛り上げよう!】歓迎会で行う余興の「ネタの考え方」3つのポイント

by infomatique
 歓迎会で親睦を深めることが出来るものと言えば、余興ではないでしょうか。歓迎会は、新しく迎える人を早く環境に慣れさせたいという意味も込めて開催しているため、余興を行うことで、良い人間関係を作ることも可能になるはず。今回は、歓迎会でやる余興のネタの考え方のポイントを紹介していきます。

1. 巷で流行っているもの

 毎年必ず、流行の芸や歌、ダンスなどが生まれます。流行りものは世の中の人の認知度も高いため、それを参考にしつつ余興のネタを考えるのも良い方法でしょう。歌やダンスの場合は協調性や結束力なども生まれのではないでしょうか。

2. 全員参加型にする

 歓迎会で全員で楽しめる余興を行うことも、親睦を深めることに繋がるのではないでしょうか。例えば、全員参加型でビンゴ大会を催したり、特別に用意したビデオの上映会を行ったりするのも良いと思います。

 また、景品を用意することで場は更に盛り上がるでしょう。歓迎会を開催する中で、余興をいくつか入れるのであれば、全員参加型の余興を入れることは重要です。

3. 見ている人に驚きを与えられるもの

 歓迎会で盛り上がるネタは、かくし芸、マジックなど定番ながらも見ている側に驚きと刺激も与えられるものなどです。歓迎会が盛り上がることは、幸先の良いスタートを切ることにも繋がるでしょう。

  以上が、歓迎会でやる余興のネタの考え方のポイントです。全ては新しく迎える人を楽しませ、早く新しい環境に慣れてもらうための心遣いです。余興で日本人ならではの「おもてなし」の心を発揮しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する