1. 【手応えがあった時はどうすれば良い?】面接の結果が通知されるまでにやっておくべきこと

【手応えがあった時はどうすれば良い?】面接の結果が通知されるまでにやっておくべきこと

 就職活動でも転職でも、面接をしていて手応えを感じることはあると思います。面接官と話が弾んだり、「すぐにでも来てほしい」と言われることもあるでしょう。しかし、本当にその自信は正しいものなのでしょうか?面接で手応えを感じたときにはどのようにしているのが正解なのでしょうか?

どんなに手応えが良くても必ず採用ということはない

 面接時の反応がどんなに良くても、必ず採用されるということはありません。特に学生の場合は、接待面接の可能性があるため注意が必要です。接待面接というのは学生に不快感を与えずに面接を行う事で、今後もお客様になってくれる可能性がある学生に良い印象を与えておこうとするものです。このような場合もあるので、どんなに手応えがあっても実際に結果が出るまで採用ということはありません。面接時の反応だけで勝手に判断するのは避けた方が良いでしょう。

常に落ちた後のことを考える

 どんなに手応えのあった面接でも落選の可能性はあります。常に不採用だった場合の対応を考えましょう。もちろん個々人の状況にもよりますが、手応えがあったとしても最低5社の面接は入れて行くようにしましょう。何が起きるか分かりませんので常にストックは多めに確保しておきましょう。


 手ごたえのある面接の後は職探しがおろそかになってしまうことが多いです。また、期待をかければかけるほど不採用だった場合のショックも大きくなります。どんなに手応えがあっても採用をもらうまでは油断せずに仕事を探すようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する