1. 企業の目線から考える面接で効果的な自己PRの作り方

企業の目線から考える面接で効果的な自己PRの作り方

 面接の際には必ず自己PRを求められます。採用人数が減少傾向にある現在では、他の受験者より優れた自己PRをして企業に自分を選んでもらう必要があります。ここでは面接の前に必ず覚えておきたい自己PRの作り方を紹介します。

主体的に物事に取り組める姿勢が大切

 まず始めに知っておくべきことは、なぜ企業が主体的に取り組める人物を欲するかです。それは、指示待ちの人材ではなく自分の頭で考えてそれを行動に移せる人材の方が、遥かに将来性があると考えている為です。これはいつの時代も変わりません。

 面接における“誰よりも主体的に取り組める”ということは、誰よりも志望先企業のことを考えている、ということです。もっと具体的に言うと、志望先企業で今活躍している社員よりも、今抱えている事業課題に危機感を持っていて、どう解決に導けるかどうかを考えているということになります。応募先企業が今抱えている課題(どうして人材を募集しているか)に関しては、求人サイトなどにも記載のあるケースが多いですが、仕事内容などから読みとることも必要です。汲み取った点を踏まえて、企業に対して何ができるかを自己PRしていくのです。面接前にこのプロセスを何回繰り返したかどうかが、主体的に取り組んでいるかどうかの証とも言えます。

過去一番の失敗を乗り越えたエピソードを考える

 失敗の定義はそれぞれありますが、企業に勤める人間は大なり小なり失敗やミスをしているものです。大切なことは、そこから何を学んで次にどう活かせるかです。面接で採用担当者は、失敗してしまったときに乗り越えられる人材かどうかを見ています。そして、本気で何かに挑戦したり、取り組んできた人かどうかも見ています。大きな失敗や挫折の経験がないかを思い出し、そこから何を得たのかをしっかり伝えましょう。ライバルとの差別化をはかる上で、この失敗談はオリジナリティそのもので、自己PRの作り方としては最も効果的です。


 以上が面接で有効な自己PRの作り方です。企業がどんな人材が欲しいのかを考え、そこに上手く自分を売り込めるようにアピールしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する