1. ビジネスの場で持っていると便利な資格

ビジネスの場で持っていると便利な資格

 資格がないと仕事ができない職業もありますが、多くの人は資格がなくても問題ない仕事をしていると思います。しかし、資格の中には持っていることで顧客に安心感を与えたり職場での評価を高めることにつながるものもあります。今回は働くうえで持っておくと便利な資格を紹介します。

営業職や事務職が持っておくと便利な資格

 一般的な総合職では資格を取らなければいけないということはあまりないですが、とっておくと上司から一目置かれる資格は多くあります。営業職なら「営業力検定」、「マーケティング・ビジネス検定」などです。これらの資格は実務的な面から学んだことを試す検定でもあり、自分の実力も把握できるという効果もあり、取得の際にはこれまでの経験に自信をもつことができます。

 事務職であれば「社労士」や「衛生管理士」といった専門的な資格が役立ちます。とくに法的な問題に強い社労士などの資格は事務職のキャリアアップにつながるプラチナチケットであると言えるでしょう。取得は多少難しいですが、取る価値はあります。

語学に関する資格

 実務で使用頻度の高い作業に関する資格も有効です。例えば英語などの語学の資格がこれにあたります。接客業はもちろん、どのようなビジネスマンであっても、取引相手や顧客が外国人というケースに遭遇する事があります。そんな時に自信を持って使える英語力は持っておきたいですし、TOEICの高得点や英検1級などの資格をアピールしておけば、そのような顧客があなたのものになる確率は高くなります。最近は中国語、スペイン語の需要も増えているので、業界に応じて第二言語の修得に励むのも良いでしょう。


 様々な面でビジネスシーンで役立つ資格を紹介しました。すでにビジネスマンとして活躍されている人でも、これから社会に出る人でも、いつでも資格の勉強ははじめられます。これからの厳しい社会を生き抜くためにも、是非役立つ資格を取得してください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する