1. 女性がビジネスシーンで持っておくべき手帳の選び方

女性がビジネスシーンで持っておくべき手帳の選び方

 女性のビジネスシーンで欠かせないアイテムの一つに、手帳があります。現在はモバイルノートパソコンを活用するシーンも多いと思いますが、やはり使い勝手が違いますので、合わせて手帳は持ちたいものですね。それでは、ビジネスシーンではどのような手帳が使いやすい物なのでしょうか。

サイズや仕様は自分に合うものを見極める

 営業や打ち合わせで、外出をする機会が多い場合、手帳は自分の手に合い、使いやすい物が必須となります。手帳選びには以下の点をよく見極めておくことが大切です。

・サイズは自分の手にあっているか
・カバーは自分が持ち運ぶ時に重すぎないか
・カバーの素材は、滑りにくく、手に馴染む物か
・記入するページは、自分の仕事内容にあった仕様となっているか

 営業や打ち合わせで外出時に手帳を取り出すシーンは、立ったままであったり移動中であったりと、慌ただしい時もあります。そんな中でも、バッグからスムーズに取り出せて要件を直ちに記入できることが必要です。手に合わない大きさや滑りやすい素材であったり、カバーからすぐにページが開きにくいというような事では、手帳を落としたり慌ててしまったりとスマートとは言えません。

 また、重さについて考慮すべきは手帳単体の重さだけでなくバッグや荷物の重さ、そして名刺入れとスマートフォンと手帳を一緒に持った時のことなどを想定しておくことも必要でしょう。

どのような観点から選択するのか

 手帳は毎年更新してゆくものです。それぞれの好みで、毎年、一新したい人もいるでしょうし、前年度の記入も見返したい場合や馴染んだ手帳で使い込んでいきたい人は手帳カバーにレフィルを増やしてゆくタイプを選択することでしょう。

 また女性用は特に、かわいらしいイラストの描いた物もたくさん販売されいますが、それらはプライベート用としてビジネスシーンでは、ンプルで丈夫な仕様の物をおすすめします。手帳のタイプは、記入欄のスタイルを自分の仕事内容に合わせて選ぶ事はが第一です。週ごと・月ごと、そして記入欄が大きくとってあるタイプなどと様々な種類が出ていますので、自分にとって一番使いやすい物を選びます。

 また、使い始めて気付くあったら便利な手帳のポイントなどは、以下のようなことが挙げられます。

・ペンと一体型か
・毎年更新するレフィルは、店頭で手に入りやすい物か
・付箋紙や、領収書やメモ紙など、ちょっと収納できるポケット機能があるか
・外国製の場合、曜日や日本の祝日がわかりやすく、あるいは日本仕様となっているか

自分らしく愛着を持てる手帳選び

 手帳は仕事を続けてゆく中で、いつしか仕事の中での「日記」のような存在になってゆくでしょう。毎日のスケジュールは、まさに自分が打ち込む仕事への意欲と軌跡となっていきます。ちょっとしたメモやその日に感じたことなどを後で見返すと、当時の自分の仕事ぶりを振り返ることができる成長の軌跡にもなりそうです。

 使いやすい手帳に出会ったら毎年使いたくなるものですから、スタンダードにいつでも販売しているタイプから選ぶんでおくと毎年同じ手帳が増えてゆくにつれ、収納もしやすくなります。色やペンも、スマートフォンや名刺入れとコーディネートしていると一緒に手に持った時に女性ならではのセンスが感じられます。

 ビジネスシーンで自分らしさをコーディネートするアイテムとしても、楽しみながら手帳選びをすることをおすすめします。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する