1. 【2つのパターン別】面接の時間を電話で聞き直す時のポイント

【2つのパターン別】面接の時間を電話で聞き直す時のポイント

by spinster cardigan
 書類選考を通過し、面接まで辿り着いたけれど、「面接の日時をうっかり忘れてしまった…」「時間を書いたメモを失くしてしまった・・・」という経験をしたことある人は多いのではないでしょうか。そうなったしまった時に大切なのは、落ち着いて対応をすること。ここでは、面接の時間を電話で聞き直す時のポイントについて説明して行きます。

日時を書いたメモを失くした時

 面接の時間を聞き直す時に、「メモを失くしてしまった…」や「忘れてしまった…」といった理由を述べるのはタブーです。あくまでも「聞き直す」「確認する」という前向きなイメージで担当者に電話をしましょう。

 メモを失くしても、おおよその日時は頭に入っていると思います。「お忙しいところ申し訳ありません。先日、面接のご連絡を頂きました○○○○(→フルネーム)と申しますが、再度、時間の確認がしたくてご連絡させて頂きました。○○日の、午前(午後)何時でよろしかったでしょうか?」というように確認するようにしましょう。

日時がまったく不明の場合

 また日時がまったく不明の場合もあるでしょう。その時は、「恐れ入りますが、面接日時を再度確認させて頂きたいのですが…」と尋ねれば、担当者から明確な日時を再度伝えてくれるはずです。

 もしも、担当者の方から告げてくれない場合は 「大変申し訳ありませんが、面接の日時を忘れてしまいました。再度確認させて頂けませんでしょうか?」など、正直に丁寧に伝えましょう。

気にし過ぎるのはマイナス!

 時間があやふやな場合、「早めに面接会場に出かける」という対応もありますが、時間が不明だと気持ちの整理もつかないまま、不安な気持ちで面接会場に向かうことになります。時間を忘れたことを気にし過ぎるあまり、おどおどしたり担当者に暗いイメージを与えてしまうのは良くありません。事前に面接時間を聞き直し、明るく誠実な態度で面接に臨めるようにしましょう。



 人事担当者が採用する時に重視するのは「応募者の人間性」です。時間を聞き直すことが恥ずかしいあまり、あやふやな記憶で会場に向かうのはもっとも危険。正確な日時を確認した上で少し早めに会場へ着くことが重要です。また当日、人事担当者と顔を合わせたら、まず「先日は電話で失礼をいたしました」と一言述べるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する