1. 会社の花見の幹事をする時に盛り上がるための企画を考えるための方法

会社の花見の幹事をする時に盛り上がるための企画を考えるための方法

 桜の咲く季節になると、会社で花見をするところも多いと思います。花見のメインはもちろん桜をみることですが、せっかく会社の皆が揃って花見をするならば、一つ盛り上がる企画を立てて皆のコミュニケーションをとる場にできれば、楽しい花見となるに違いありません。しかし、花見では何をすればよいかは悩むところだと思います。そこで今回は会社の花見で盛り上がる企画を考える方法についていくつかご紹介します。



どんな企画なら自分が楽しいかを考える

 
まずは、自分だったらどんな企画ならば楽しめるかを想像してみましょう。あたなも花見の参加者の一人です。社内の人間である自分が楽しめない、なんか違うなと思うイベントを企画しても仕方がありません。

 ビンゴゲームをする、社員の家族も参加型にする、何でもよいのでこれは良さそうだなと思う企画をざっくりでよいので思いつく数だけ紙に書き出してみましょう。そうすることにより大体の方向性がみえてきます。自分のアイデアがないうちに相談をしてもなかなか話がすすまないので、まずは話し合いの元になるネタを用意することが大事です。



社内の人間に相談する


 次に、いくつかアイデアがまとまったらそれをもとに社内の人間に相談してみましょう。この時はできるだけ沢山の社員、それも老若男女関係なく幅広く話を聞くことが大事です。

 幅広く話を聞くことによって意見の偏りを防ぐことができるようになりますし、それぞれの年代に話を聞くことで一体どのようなことを花見に求めているのかがみえてきます。それに、より多くの人の意見をきいて作り上げた企画なら皆で作り上げたという気持ちがあるので、当日のコミュニケーションも円滑に進むことでしょう。



社外の花見を調べる


 なかなか企画が思いつかない時は、社外の知り合いにどのような花見をしているか聞いてみましょう。できれば、人数が同じくらいの会社に勤める知り合いに聞くと予算的にも現実味のある企画のアイデアを得やすいと思います。

 もし、面白そうな企画をしていればそれを真似るのも良いと思いますし、客観的な視点からのアドバイスが得られれば、自分で思ってもみなかった企画を思いつく可能性もあります。



 以上、会社の花見で盛り上がる企画を考える方法についていくつかご紹介しました。是非上記を実践して、楽しい花見をより盛り上げる企画を考え社内のコミュニケーションに一役買ってみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する