1. 面接で意欲をみせるために知っておきたい「逆質問」3つのテクニック

面接で意欲をみせるために知っておきたい「逆質問」3つのテクニック

by A Guy Taking Pictures
 面接が終わると、「最後に何か質問はありますか?」と面接官から逆質問されると思います。この逆質問は面接において非常に重要な意味を持っており、質問ができるかどうかを見て、会社に対する関心を見ようとしているのです。ここで、働きたい意欲をきちんとアピールすることができれば、評価も上がるでしょう。ここでは、意欲をアピール出来る逆質問のテクニックについて紹介していきます。

1. 思いを伝える

 逆質問は自分が自由に述べられる質問です。したがって、自己PRと同じくらいあなたの能力や優位性を伝えられるので、必ず答えるようにして下さい。人は他人の印象を第一印象と、最後の印象で決めます。最後を印象良く終わらせられれば、相手に良い印象を残すことが出来ます。

 良い印象を与えるには、相手の会社への強い意欲がポイントです。自分の会社に本気で来たい、と考えている人に嫌悪感を抱く人はいません。一通りのアピールが終わった後にも会社で働きたい意欲をきちんと見せて面接を終了します。

2. 会社の日常業務を聞く

 自分の役割とタスクを正しく理解する上で、不可欠なのが会社の日常業務を聞くことです。会社への意欲を見せるほかに仕事に対する自分の期待値や誤った印象を修正するためにもこの質問は有効に働きます。

 また、職種に期待する条件を聞くのも有効。応募条件は求人募集にも書かれていますが、直接面接官に聞くことで、彼らが何を求めているのか、どのような基準で採用者を決めようとしているのかを具体的に知ることが出来ます。

3. 多方面からアピールする

 面接では「この人を雇ったら会社に貢献してくれそうだな」と相手に思わせることが重要。相手にそう思わせるには、まず「能力があること」をアピールすることが大切です。既に面接を終えているので自己PRは伝え終わっていると思うので、別の裏付けを使って能力を主張します。

 また、あなたが最初に自己PRで述べた長所以外にも、あなたが自信を持っている強み・能力があれば、それを別に伝えても構いません。

 以上が、意欲をアピール出来る逆質問のテクニックです。面接では質問を受ける側になるのでつい受け身になりがちですが、重要なのは会話のキャッチボール。積極的に面接官に働きかけることで、コミュニケーションを円滑に進めることができます。会社で働く意欲を示し、採用を勝ち取りましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する