1. 【面接での逆質問はタブーか?】企業に対する「思い」をアピールするために意識すべきコト

【面接での逆質問はタブーか?】企業に対する「思い」をアピールするために意識すべきコト

by Nisa Yeh
 面接とは会社や企業が入社希望者に対して質問をする場です。当たり前ですが面接官が応募者の人となり、適正、ポテンシャルを推し量るために様々な質問をします。しかし最近、応募者が企業側の人間に対して質問するという逆質問が注目され始めているのです。

逆質問は悪いことか?

 そもそも逆質問とは悪いことなのでしょうか?面接の際、多くの場合、最後に面接官は「私共からの質問は以上です。何か聞いておきたいことはありますか?仕事のこと、入社するにあたっての不安など何でも構いませんので疑問に思う事があれば聞いてください。」と促されます。逆質問はタブーどころか、企業の側から要請しているのです。ここで応募者の立場にたって「特にありません。」と答えたらどうなるでしょうか?明らかにやる気がない印象を与えてしまいます。

逆質問で「やる気」や「向上心」をアピールしろ

 逆質問は今やタブーどころか重要なアピールの場なのです。そこで会社のこと、商品のこと、業務のこと、配属先のことを積極的に聞くということは面接官に対してやる気や向上心を示すことに大きくつながります。

 例えば、「御社のキャリア形成や教育制度はどういったものでしょうか?」という逆質問は「この人は成長の場を求めているな」という印象を持ってもらうことができます。また「御社のこの部署のこの事業に関わりたいのですが、私にその道は開かれていますか?」と問えば、企業に対する本気度が伝わります。


 このように逆質問はタブーどころか、入社の意欲をアピールする非常に大切なものであることがわかります。むしろ、面接官に対していかに意欲的な姿勢を表現する逆質問ができるかが採否を左右するといえます。

 これから面接を控えている学生は、どのような逆質問をするかということは事前に考えておきましょう。細かいことよりも会社の仕事で何をしたいかどう成長していきたいかという熱意につながる逆質問がウケるのではないでしょうか?

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する