1. 英語のスキルが活かせる職業

英語のスキルが活かせる職業

 英語ができるということは、就職において大変有利になる場合もあります。ここでは英語が出来ると有利になる仕事、またそのためにはどれ位の実力があればいいかを紹介します。

英語ができると有利に働く仕事

 英語が出来ると有利な仕事としてまず挙がるのは学校での英語教師や塾などにおける英語の先生などです。これらの仕事は英語を教える事が仕事になりますから、英語が出来ないと話になりません。

 次に、翻訳関係の仕事があります。書籍の翻訳にしろ、通訳にしろ、洋楽音楽CDの和訳にしろ、英語が必要になり、英語が出来るほど採用されやすくなるでしょう。他にも、世界中を飛び回る、ジャーナリストのようなお仕事や海外出張が多いような職業の場合にも英語が求められます。

 更に、空港のグランドスタッフでも英語は必須とされます。グランドスタッフは、旅客のチェックインや案内、誘導等の業務を行う場合もあるため、英語の能力に長けていなければなりません。加えて、輸出入に関わる貿易関係の会社では英語を用いる機会も多くなります。

どの程度の英語力が必要?

 英語の判断能力基準として最も企業間でメジャーなものはやはりTOEICです。TOEICの資格を取得することで、企業もおおよその英語力を判断することができます。ちなみにプラスと評価出来るTOEICの点数は、730点から855点だといわれます。平均点は大抵500点台なため、そこから考えても要求度は高いと言えるでしょう。


 英語に関する仕事について紹介しましたが、大企業であれば大抵英語力を重視します。日本企業が海外に盛んに進出し、グローバル化が一層進む現代では、英語力はますます必要になってきます。これからの時代に適した人材になれるように、英語力を磨いておくとよいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する