1. より良い仕事をするための英語の必要性

より良い仕事をするための英語の必要性

by © Ahmed Amir
 現在多くの企業がグローバル化の波に乗ろうと、社内の会話を英語のみに設定していたり、TOEICの点数を昇給や昇進の判断材料に活用しています。しかし、日本国内にいる分には英語の必要性が無いと思う人もいるのではないでしょうか。

 しかし、英語が出来れば日々の仕事をより充実したものにすることが出来ます。ここでは、そういった英語の必要性について紹介していきます。

1. 取引先の拡大

 まず取引先の拡大があります。国内の企業では既に飽和状態になってしまっている業界もあり、多額の取引額を掴む、または新規で取引先を拡大するには外資の企業にアタックしていかなければなりません。そのためにどうしても英語の必要性がでてくるのです。

 英語は最初からできるものではないため、まずはできる所から始めてみましょう。例えば、ビジネスで良く使用される英語をマスターする、もしくはその関連書籍を購入して時間を見つけて読む等行ってみましょう。それからでも遅くはありません。

2. スキルアップとして活用できる

 企業にとって海外との取引ができる英語力を持っている人は貴重です。しかし、時にはそれが出来たとしても、それに見合うだけの報酬を得られていない場合もあります。在籍している会社が居心地が良いのであれば別ですが、今の給与に満足いかなければ転職を考えてみても良いでしょう。

 以上が、仕事の場で英語を活用する必要性です。日々勉強を行い、英会話を完全でなくとも片言でも良いので話せるようにしましょう。また英語の資格を取れるチャンスを会社の方で提供しているのであれば活用していきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する