1. PDCAサイクルを考えビジネスシーンに導入することの目的

PDCAサイクルを考えビジネスシーンに導入することの目的

 PDCAサイクルとは、生産管理や品質管理、個人を改善していくための方法としてよく使われる言葉です。特にビジネスパーソンであれば、実際にPDCAサイクルを実践して業績の向上に務めたいものです。 

業績アップに貢献

  PDCAサイクルとは、PLAN(実行)、DO(実行)CHECK(分析)、ACTION(修正)の頭文字を取ったものをいい、プロセスのサイクルを大まかに説明したものです。PDCAサイクルは、どのような仕事のプロセスにも当てはめる事が出来るフレームワークの事で、何度も繰り返す事によって業務の改善に直結させる事が可能になります。

 もしPDCAサイクルを意識せずにいれば、与えられた計画に対し実行のみを続けて行く事になり、結果として企業や個人が成長していく事はできません。計画が予定通りに進んでいるのか、利益は得られているのか、問題は何かという部分を時々見直す事が出来ない限り業績を向上させていく事は難しいです。そこでPDCAサイクルを導入することで、安定した業績の結果を得る事が出来るようになります。 

PDCAサイクルを実践する方法 

 PDCAのPLANの部分では、その名の通り計画を立てます。例えば環境方針について考える場合には、以下のようなプロセスを必要とします。 

 計画では、環境側面や法的及びその他要求項目、目的、目標及び実施計画等を考え、時には計画書を作成します。次にDOの部分では、実際に計画に沿った行動を立てます。計画では、実施及び運用や資源・役割・責任及び権限・能力・運用管理、緊急事態への準備及び対応が迫られます。 

 CHECKの部分では監視及び測定や遵奉評価、不適合ならびに是正処置及び予防処置や記録の管理、内部監査等を実施します。最後にACTIONでは、マネジメントレビューを行なって次に行う計画に繋げていきます。PDCAサイクルを導入することは、最終的に業績向上、個人のスキルアップや能力アップにも繋げる事ができます。

 成長要素の沢山ある企業ほど、PDCAサイクルを導入して実際に現場で活用してみるとよいでしょう。PLANにはゴールイメージ(ビジョン)を設ける事で更に具体的にサイクルを回す事が可能になります。ゴールイメージを立てる際には、上司や顧客などを頭に思い描き、実行することがよいです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する