1. 会社に退職届を出す時の正しい宛名と本文内容の書き方

会社に退職届を出す時の正しい宛名と本文内容の書き方

 企業にとって、新入社員を選ぶ時は慎重に選びます。というのも、もしも定年を迎えるまでに退職してしまうと、入社してから何年経過していたにせよ、会社にとっては損失となるからです。

 当然ながら、その会社で働く事が出来るように1から丁寧にノウハウを指導していきます。それらの指導にかかった時間や費用、そして意欲が無駄に終わってしまう訳です。こう考えると、退職届を提出する側としてはせっかく雇ってもらったのに最後まで完結せずに辞退する訳ですから、せめて失礼のない様に丁寧に退職届は提出したいものです。では、その方法をみていきましょう。

退職届の封筒の宛名

 退職届は、届け出用紙のみで提出することは失礼とされていますので、封筒に入れる事になります。封筒は、出来れば白無地の封筒を用意しましょう。無難で、失礼が一番ないのが白無地の封筒なのです。

 その封筒の裏面の左下には、自分の部署と氏名を書きます。表面には、宛名は必要ありません。ただ「退職届」の三文字を、真ん中の上の方からバランスよく記載しましょう。宛名は退職届けの用紙に書きます。

退職届自体の書き方

 退職届は、所定の様式があるならそれを使用しましょう。無ければ、白無地の用紙でも良いですし縦書きの便せんでも構いません。一番右の真ん中あたりに「退職届」とバランスよく書きます。その左下には提出する日付を記入しましょう。日付の左からは、いよいよ宛名です。

 これは、その会社の正式名称を省略無しで記入しましょう。そしてその左側に、社長の肩書を書き、その下に社長の名前をいれます。社長の氏名まで書いたら、その左側に少し空けて、自分の部署と氏名を記入します。自分の氏名の下には印鑑をつく事が望ましいのですが、その場合は印鑑が下ぞろえになる位置から部署名を書くようにしましょう。

 その左側に理由と退職する日付を書きます。「この度一身上の都合により」という一般的な文言で良いでしょう。会社から指定された文言がある様なら、それに従ってください。続けて「来る○月○日をもちまして」と実際に退職する日付を書きます。有給などが取れて、出勤しない日が続いた後の退職となる場合であっても、実際の退職の日付にするのは当たり前です。

最後の言葉に注意

 退職届けは基本的に会社側では拒否する事が出来ません。退職願いの場合は会社側にも受け付ける余地が認められていますが、退職届けになるとそうではありませんから、「退職させて頂きたいと思っています」ではなく「退職致します」と言い切る様にしましょう。よく「退職届けを出したのに、会社側が受け付けてくれない」という話を聞きますが、退職願いならまだしも退職届けの場合は「会社を辞めます」という最終的な明確な意志です。

 もしも会社側が退職届けの日付を超えても受け付けてくれない様な対応をしていたら、退職日以降は出勤する必要はありません。ここで出勤を続けてしまうと、無給で働く事を認めている事になってしまいますので、注意をしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する