1. 起業したときに銀行から融資を得るための方法

起業したときに銀行から融資を得るための方法

 起業をしている、もしくは今後起業しようと検討している人にとって一番重要になってくるのが運営資金です。特に起業したての頃は、開業資金から事務所の備品を揃えるために資金を投入してしまいやりくりが厳しくなると思います。

 そこで多くの方が一番先に頭の中で浮かぶのが銀行からの融資です。しかし、どのようにして銀行から融資を受ければ良いのかと言う方法を良くご存知でない方が多いので、今回そのことについてご説明致します。

担保や保証人を求められるケース

 銀行も親しい友人のようにお金を貸してくれることはありません。借りようとしている人の身辺を調査し、なおかつ返済できる能力を持っているかどうかもきちんと審査します。特に融資をお願いしようとしている銀行で取引が無い場合は、なおさら審査が厳しくなります。

 そこで銀行側から、担保や保証人の容易を求められます。まず担保は何を指すかですが、主に不動産・車・有価証券を指します。それを担保にしてお金を貸してくれるところもありますが、プラスで保証人を求めてきます。例えば返済を促す保証人だけでなく、借りている方が逃げてしまった場合に代わりに支払う連帯保証人まで求めてきます。

 そのため、銀行からお金を借りるには非常に高いハードルを越えなければなりません。特に保証人が用意できない場合は、ほとんどの割合でお金を融資してもらえません。できるのであれば、起業される前に保証人になってくれる人を探した方が良いでしょう。

銀行から融資を受けやすくするためのポイント

 上記のように融資が厳しい銀行から、どのようにすれば融資を受けやすくなるのでしょうか。それは、融資を受けようとしている銀行と何らかの縁を作っておくことです。方法として2つありますす。

 まず、開業した際に作成する口座を融資を受けようとしている銀行にしてしまうことです。期間としては1年から2年が良いでしょう。すると、定期的にお金の流れを銀行側でも確認できますし、滞りがなければこの人は信頼できる方だなと銀行側で判断してもらえます。そうなると融資の額は銀行側で設定されてはしまいますが、一般的にお願いするよりも審査の基準が甘くなるでしょう。

 もう1つの方法が、起業する前から使用していることです。例えば起業のことを考慮して、給与が振り込まれる口座を融資を受けようとしている所にしたり、その銀行と提携しているカード会社のカードを使用してみましょう。そうすると、上記のようにお金の流れが分かることと、何よりクレジットカードを利用しても1回も滞りがない事を確認させることができます。すると上記と同じように審査が多少は甘くなります。

 できるのであれば、起業前には銀行からの融資を受けられるような体勢をとっておきましょう。会社を経営しているといつどこでお金が必要になるか分かりませんし、もしかしたら急に大量のお金が必要になる場合もあります。そこで慌てないように事前に融資をお願いする所を決定しておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する