1. 【人材価値を高める】英語力を仕事で活かすことで得られるメリット

【人材価値を高める】英語力を仕事で活かすことで得られるメリット

by BONGURI
 英語力があるのに日常の仕事で使う機会がないと思っている人が増えてきています。日本の英語教育も充実したものになってきて、TOIECやTOEFLなどの試験で高い点数を稼ぎ出す大学生も多いです。また、企業の中にも高い英語力を持つ人材が蓄積され続けています。

 しかし、現実にその英語力を活かすことのできている人はどれだけいるでしょうか?ここでは、そういった人がこれから英語力を活かすことで得られるメリットについて紹介していきます。

1. 英語が活かせる職業とは

 一般に英語が活かせる仕事とは英文事務や貿易事務、英文経理、レセプショ二ストなどがあります。英文経理や貿易事務は、英語による文章作成能力が問われ、レセプショ二ストや英文事務では、電話による応対や受付で外国人向けの対応で英語力が要請されます。このように書き出してみると英語力を仕事で活かそうと思ったら、外国人を相手にしたり、海外に取引相手を持っていない限り英語力を活かす機会があまりないことがわかります。

2. 英語力を武器に販路を拡大

 英語力を持っていてもそのアビリティを活かす機会に恵まれていないならば、積極的に英語力を活かす機会を作り出す努力をすることが大切です。英語力があってそれがネックになるということはないでしょう。

 むしろ英語力がないからこそ気づかなったビジネスチャンス、見落としていた盲点があるはずです。そういった市場の隙を狙って英語を武器に自分たちの事業の拡大を狙うということにチャレンジしてみるのも良いのではないでしょうか。

3. 機会を創出する

 例えば、Webデザインの会社に勤めている英語力堪能な女性がいたとします。しかし英語力を活かす機会がない。そんな時は自分たちの会社の業務を考えてみましょう。

 ホームページを作成するという事業内容があります。今までは日本の顧客を主に扱ってきたのでホームページ上で英語を扱うことがありませんでした。そこで外国人向けのホームページを作成するという営業展開をすればコンテンツの文章はすべて英語という仕事が増えるかもしれません。顧客も増え事業内容も拡大できるので会社としての売り上げも当然上がることになります。

4. まとめ

 英語を話せるとかっこいいというのは今も昔も変わらないでしょう。英語が話せる、英語の読み書きができるというのは、ビジネス上の利点になるだけでなく英語のニュースを読んだり、文献を読んだりとさまざまな知的メリットがあります。その能力を活かさない手はないです。仕事でその英語力を存分に発揮し、会社の業績を向上させていきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する