1. 一般的な退職届の書き方【書式と注意ポイント】

一般的な退職届の書き方【書式と注意ポイント】

by kanegen
 退職届は退職願が受理され、正式に退職が決定した後で提出する書類です。その会社における最後の提出書類となるので、けじめをきちんとつける上でも、間違いのない書き方をしたいものです。定型の書式がありますので、それに則して、社会人として恥ずかしくない書き方をしてください。ここでは、注意ポイントにも触れながら説明します。

縦書き?横書き?

 まず迷うのが縦書きにすべきか、横書きでもいいのかということでしょう。答えは「どちらでも構いません」。ただし、入れる封筒は縦長の白封筒にするのが常識。表に「退職届」とし、裏に自分の部署名と氏名を縦書きにします。封筒が縦書きなのですから、退職届の書き方も縦にしたほうが自然でしょう。会社に決められた書式がある場合は、それに従うことになるため、書式や書き方に迷う必要はないと思います。

書式と文面の書き方

 そこで、ここでは縦書きで説明します。まず1行目に「退職届」とします。1行空けた次の行からが本文になります。

 本文1行目の一番下に「私事(こと)」と書き、次の行の一番上から「この度一身上の都合により、平成△年○月×日をもちまして退職いたします。」と続けます。「私事」から始まる1文なのですが、「私」が一番上に来ることを避けるために、このような書き方をするのです。

 ここに入れる日付は、会社との間で合意した、実際の退職日です。ですから、退職日が正式に決定しないと退職届は提出できないわけです。本文はそれだけです。余計なことを書く必要はまったくありません。退職理由は「一身上の都合で」にするのが常識。ここに具体的な理由を書くのは非常識です。

 次の行に、やや下がった位置からその書類を提出する日付を書きます。先ほどの退職日もそうですが西暦ではなく年号で表記したほうが、特に縦書きの場合は馴染みます。会社の正式な書類は年号表記することが多いので、横書きでも西暦は用いないほうが無難でしょう。次の行に、これもやや下がった位置から自分の部署名と氏名を書き、捺印します。

宛て先は会社の最高責任者、敬称は「様」もしくは「殿」

 提出する日付の次に、1行空けて宛先を記します。宛先は所属部署や人事部ではなく会社の最高責任者です。多くの場合「代表取締役社長」ということになるでしょう。さて、多くの人がここで迷うのが、社長の敬称についてでしょう。「様」なのか「殿」なのか?

 結論を言えば、どちらでも構いません。「殿」とする場合も多いようですが、ただ、目上の人に対して「殿」は使わないのが一般常識。退職届に限って「殿」とすることに、違和感を抱く人も少なくないはず。少しでも違和感を感じたら「様」にすると良いかもしれません。


 以上、一般的な退職届の書き方を紹介しました。他に、本文の前に提出する日付や宛先である社長名を記す書き方もあります。どちらが、より正しいということはありません。必要事項がきちんと記入されていて、型を守った文面であればそれでいいのです。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する