1. 一般的な退職届の書き方【書式と注意ポイント】

一般的な退職届の書き方【書式と注意ポイント】

一般的な退職届の書き方【書式と注意ポイント】 1番目の画像
by kanegen

 退職届は退職願が受理され、正式に退職が決定した後で提出する書類です。その会社における最後の提出書類となるので、けじめをきちんとつける上でも、間違いのない書き方をしたいものです。定型の書式がありますので、それに則して、社会人として恥ずかしくない書き方をしてください。ここでは、注意ポイントにも触れながら説明します。

縦書き?横書き?

 まず迷うのが縦書きにすべきか、横書きでもいいのかということでしょう。答えは「どちらでも構いません」。ただし、入れる封筒は縦長の白封筒にするのが常識。表に「退職届」とし、裏に自分の部署名と氏名を縦書きにします。封筒が縦書きなのですから、退職届の書き方も縦にしたほうが自然でしょう。会社に決められた書式がある場合は、それに従うことになるため、書式や書き方に迷う必要はないと思います。

書式と文面の書き方

 そこで、ここでは縦書きで説明します。まず1行目に「退職届」とします。1行空けた次の行からが本文になります。

 本文1行目の一番下に「私事(こと)」と書き、次の行の一番上から「この度一身上の都合により、平成△年○月×日をもちまして退職いたします。」と続けます。「私事」から始まる1文なのですが、「私」が一番上に来ることを避けるために、このような書き方をするのです。

 ここに入れる日付は、会社との間で合意した、実際の退職日です。ですから、退職日が正式に決定しないと退職届は提出できないわけです。本文はそれだけです。余計なことを書く必要はまったくありません。退職理由は「一身上の都合で」にするのが常識。ここに具体的な理由を書くのは非常識です。

 次の行に、やや下がった位置からその書類を提出する日付を書きます。先ほどの退職日もそうですが西暦ではなく年号で表記したほうが、特に縦書きの場合は馴染みます。会社の正式な書類は年号表記することが多いので、横書きでも西暦は用いないほうが無難でしょう。次の行に、これもやや下がった位置から自分の部署名と氏名を書き、捺印します。

宛て先は会社の最高責任者、敬称は「様」もしくは「殿」

 提出する日付の次に、1行空けて宛先を記します。宛先は所属部署や人事部ではなく会社の最高責任者です。多くの場合「代表取締役社長」ということになるでしょう。さて、多くの人がここで迷うのが、社長の敬称についてでしょう。「様」なのか「殿」なのか?

 結論を言えば、どちらでも構いません。「殿」とする場合も多いようですが、ただ、目上の人に対して「殿」は使わないのが一般常識。退職届に限って「殿」とすることに、違和感を抱く人も少なくないはず。少しでも違和感を感じたら「様」にすると良いかもしれません。


 以上、一般的な退職届の書き方を紹介しました。他に、本文の前に提出する日付や宛先である社長名を記す書き方もあります。どちらが、より正しいということはありません。必要事項がきちんと記入されていて、型を守った文面であればそれでいいのです。



転職を決意した人にオススメの転職サイト3選

 転職・退職を決意したら、転職活動を始めよう。

 転職活動に要する期間は約3ヶ月といわれており、入社時期に合わせて9月・3月に求人数が多くなる傾向になる。

年収UP×大手企業を目指すなら「リクルートエージェント」

一般的な退職届の書き方【書式と注意ポイント】 2番目の画像

 転職成功実績No.1の「リクルートエージェント」は、「転職活動を始めたばかりで何をすればいいか分からない……」という転職経験のない人にオススメのサービス。

 「リクルートエージェント」は幅広い業界の求人を網羅しているだけでなく、提携企業との「長年の繋がり」があるため、転職者からは言い出しづらい「年収」「条件」「入社日程」についてもエージェントが交渉してくれる。

 非公開求人も多く、理系職種が活躍できる一部上場企業の求人も紹介してもらうことが可能だ。

 土日祝・平日20時以降でも、エージェントが転職相談に対応してくれるため、多忙なビジネスパーソンの転職にもおすすめ。

 登録すべき転職サイト・エージェントに悩んでいるという人は、まずは「リクルートエージェント」に登録してみよう。

求人数が豊富!企業の幅で選ぶなら「DODA」

一般的な退職届の書き方【書式と注意ポイント】 3番目の画像

 業界内最大級の求人数を誇る転職エージェント「DODA」。

 大手企業だけでなく中小企業やベンチャー企業の求人も取り揃えているため、自分で企業探しするだけでは出会えないような中小優良企業と出会える可能性が高い。

 公開・非公開に関わらずに求人情報を出し惜しみしないため、DODAエージェントサービスなら多くの企業を比較することができる。

 また、DODAエージェントサービスでは、職務経歴書の書き方や面接対策、転職活動でのテクニックなども丁寧に教えてもらえる。より実践的なテクニックを学ぶことで、面接通過率アップを目指せるのだ。

 「職務経歴書の書き方や転職面接の受け答えに不安がある……」「転職先は多くの企業を比較した上で慎重に決めたい」という人は、「DODA」のエージェントサービスを利用してみよう。

自分の市場価値を知るなら「type転職エージェント」

一般的な退職届の書き方【書式と注意ポイント】 4番目の画像

 人材業界の老舗「キャリアデザインセンター」が運営している「type転職エージェント」。

 type転職エージェントでは、転職を希望する業界・職種に詳しい人が専門アドバイザーとなり、親身になってヒアリングをしてくれる。

 また、スキルを正しく評価してくれたり、年収について企業に交渉してくれたりと、現状の給料に満足しない人にとっては嬉しいサポートがついているのが特徴だ。

 「自分の転職市場価値を知りたい!」という人は、ぜひ一度「type転職エージェント」をチェックしてみてもらいたい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する