1. 事業を展開する上で「短期的な資金調達」をするための方法

事業を展開する上で「短期的な資金調達」をするための方法

by Digo_Souza
 事業を展開する上では、資金調達を行う必要性も出てくるでしょう。しかし、 資金調達にも種類があります。どれを使うか迷うこともあるでしょう。そこで今回は、短期的な資金調達の方法について紹介していきます。

1. 資金調達方法の種類について

 資金調達の方法は、いくつもあります。例えば、新たに株を発行し、出資を募るという方法、銀行などの金融機関からお金を借りる方法、社債権を発行し、広く市場からお金を借りるという方法が代表的です。種類は様々ですが、企業は、必要な額や用途に応じて資金調達方法を考える必要性に迫られます。

 調達方法を間違えてしまえば、資金繰りが悪化してしまい、そのまま倒産してしまうという可能性もありうる事でしょう。資金には、長期に渡り利用することのできる資金と、数ヵ月後に返済しなければならない短期的な資金があります。長期的な資金は、安定した資金といわれ、資金調達には適していると言えますが、もし一時的に資金調達を行いたいのであれば短期的な資金を調達する方がよいでしょう。 

2. 短期の資金調達の方法

 短期の資金調達の形態にも様々な方法がありますが、一般的には手形証書を預け入れそれに基づき融資を受け取るという方法が多いです。この方法の1つに商業手形割引があります。商業手形割引の際には審査があり、割引手形が不渡りとなった場合に買戻し能力があるか否かを審査します。具体的には企業の業況が一番の判断基準になり、銀行に積まれてある定期預金、定期積金や担保の価値を見て買戻し能力の判断します。
 
 また、短期資金の借り入れに便利なものに、手形貸付があります。手形貸付では、分割返済では1カ月ごとの返済、3か月ごとの返済等があり、銀行との話し合いにより臨機応変に対応できます。銀行取引約定書を銀行に差し入れる事で、署名捺印と印鑑証明書を求められる事が無く会社の署名判と捺印をすればすぐに借入が行える事が魅力です。 

3. まとめ

 短期借入金では、その目的を見失ってしまう事は会社の損害にも繋がりかねません。その為、返済日などに照準を合わせ、資金手当てをしておく必要性があります。更に、常に返済することを意識し、経営にあたる事が大切です。短期の資金調達は、その部分さえきちんと押さえる事が出来れば、成長する上では必要不可欠です。また、外部資金の調達が難しい中小企業においては大変魅力的な資金の調達方法の1つとなることでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する