1. 上手に反省するには?業務の効率化に欠かせないPDCAサイクル、Actのコツ

上手に反省するには?業務の効率化に欠かせないPDCAサイクル、Actのコツ

 PDCAサイクルとはPlan(計画)、 Do(実行)、 Check(評価)、 Act(改善、反省)のことで業務を効率的に行うためのフレームワークの一つです。ここではその中でも上手に行うのが難しいAct(改善、反省)のコツを紹介します。

客観的に自分の行動を見つめる

 ACTの部分で行うのは、今後のより良い計画を立てるための業務の反省です。どんなことも問題点を一つずつつぶしていくことで成長が望めます。その時に大切なのは自分の行動を客観的に振り返ることです。反省点がなかなか思いつかないという人は、自分が作業をしているうちに何か思い込みをしていないか考えてみるとよいでしょう。「ここはこうしなければいけない」などの無意識の制約が作業効率を悪くしている可能性があります。時には他人のアドバイスをそのまま聞いてみるのも有効です。こだわりを捨てて、素直にフィードバックできることがないか考えてみましょう。

Doが足りない可能性もある

 それでも何を改善すればいいのか分からないという人は、そもそも行動が足りていないのかもしれません。PDCAサイクルは前の段階をきちんとこなすことで後の行程もスムーズに行えます。改善点が見つからないという場合は、そもそも点検の材料になる行動をあまりしていないのではないでしょうか?実際に手を動かすことで経験は蓄積され、それを点検することでスキルは上達します。何を改善すべきか分からないという人はとりあえず何か行動をしてみるのも有効な手段です。


 PDCAサイクルを上手に回すのは難しいかもしれません。しかし、インプットとアウトプットを交互にこなせば確実にノウハウは蓄積されます。上手にActを行うには、インプットとアウトプットの両方が必要だということも覚えておきましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する