1. ベンチャー企業で働くことの楽しさの理由と気をつけるべきデメリット

ベンチャー企業で働くことの楽しさの理由と気をつけるべきデメリット

 ベンチャー企業とは、革新的なアイデアや技術などを元にして新形態のサービスやビジネスを展開する中小規模の企業の事を言います。また、収益が未確定の新規事業全般についてもそう呼ぶ場合があります。 

 これは、冒険(VENTURE)という言葉が転じて呼ばれるようになったようです。また他にも、ベンチャーキャピタルから出資を受けている会社やベンチャーの指定を受けている会社等がベンチャー企業と呼ばれます。 

ベンチャー企業で働く事が楽しい理由 

 新卒生の中には大企業とベンチャー企業の就職で悩む人がいるほど、ベンチャー企業は最近では人気の職種です。また、転職の場合にもベンチャー企業が好まれる傾向にあります。これは、ベンチャー企業ならではの楽しいと感じられる魅力があるからという事が言えます。 

 その理由の一つとして、自分と同じ意識の高いメンバーと仕事ができるという事が挙げられます。特にベンチャー企業では、自分の成長の為に転職するという人もいて刺激を沢山受ける事ができます。また、ベンチャー企業ならではの仕事をする際の醍醐味として、重要な仕事やポストを任せてもらえるという点も挙げられます。会社の規模が小さければ小さい程、任される仕事は増えていきます。仕事が増えれば数々の種類の仕事に取り組む事も出来、色々な側面から企業の仕組み等を学習することができます。 

 また、経営陣の近くで働く事ができるという点も特徴です。経営陣の近くで働く事ができるという事は経営者の疑似体験を積む事が出来ると言う事です。つまり、「自分がもしこの社長なら、どんな決断を取るだろうか」と考える機会も増え、自分が起業する場合にも役に立てる事ができます。大企業に就職するよりも自分の仕事が増える為、そこに楽しいと感じる人も少なくありません。 

ベンチャー企業で働く事のデメリット 

 しかし、ベンチャー企業で働く事にはいくつかの問題点も存在します。例えば、市場環境が変わったり、大手が参入してきた場合には一気に経営が不安定に陥ります。また、自分の能力以上のポストが用意される場合もあるでしょう。 

 そのような場合は、努力しない限り所属する組織に多大な損害を与える結果になる事もあります。また、福利厚生が充実していない事もあって各種保険や残業代などが無い事も考えられます。ベンチャー企業で働くには、一つの事だけを継続してやる事はつまらないと考える人や、環境や経営方針に対して柔軟な対応が出来る人に向いていると言えます。加えて、業務命令に頷くのみならず自分の意見をしっかりと発信できる人がよいでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する