1. 女性新入社員が抱える主な悩みとその対処法

女性新入社員が抱える主な悩みとその対処法

女性新入社員が抱える主な悩みとその対処法 1番目の画像
 気持ちを新たにして大きな希望を胸に入社をしてくる新人社員だが、いろいろな壁にぶつかったり悩んだり、ときにはそれを乗り越えられずに途中で辞めてしまう人もいる。

 貴重な若い人材を上手に育てていくためには、上司として様々な配慮が必要だ。特に女性社員は、女性特有の悩みを持っている場合もあります。

【女性新入社員の悩み】①服装

私服の場合はあらかじめOKラインを示す

 制服がある場合は別ですが、私服の場合は何を着て行けばよいか、アクセサリーや髪型までドレスコードが気になるものだ。

 そのため、あとからダメ出しをするのでなく、あらかじめこれくらいまでは許されるけど、これはNGとだいたいの目安を示しておくとよい。特にお客様に接する立場であれば、品位を保ったメイクや服装は大切だ。

【女性新入社員の悩み】②人間関係

日頃から変化を気に掛ける

  先輩との関係、女性社員同士の関係、取引先の人との関係などまだ慣れないことが多くストレスに感じることが多い。
 そういう女性部下に対しては、色々言われてもあまり小さなことは気にしないようにアドバイスをし、日ごろから様子を観察して変化に気づけるようにしておこう。

言い出しづらいセクハラ問題に配慮する

 また女性社員は会社内、宴席、接待などでセクハラの問題を抱える場合もある。

 必ず、組織としてセクハラに対応できるようなシステムを作っておき、セクハラ相談の窓口として女性で信頼のおける人を配置しておくべきだ。

 深刻になったりこじれたりしないうちに女性が相談できる体制を整え、早めに対処しよう。

【女性新入社員の悩み】③体調や心の状態

新入社員特有の体験談を話す

  学生の生活から規則正しい社会人としてのハードな生活に慣れるまでは、体の不調を訴えることもあるだろう。精神的なストレスも大きい。
 そんな時には、その辛さがずっと続くわけではないこと、誰にもそんな新人の時代があったことを先輩の体験談としていろいろな機会を捉えて話してあげるといい。

きちんと休めるよう配慮する

 また、退社時刻についてもまだ先輩が働いているのに帰ってよいのかと悩んだりすることも多いようだ。

 早く帰れるときは無理をせず定時退社をし、自分のリフレッシュの時間にあてるようにしてもらうといい。

 また個人差はありますが、生理痛が激しい女性もいて人知れず悩んでいる場合もある。年休や労働基準法でも定められている生理休暇の制度もあるということを最初に知らせてあげると親切だ。

 女性は、一見些細に見えることをくよくよ悩んでいることもある。日頃からコミュニケーションをとり、早めに小さな変化に気づいて声掛けができるよう心がけよう。


今の職場に不満を感じたら転職!働きやすい環境探しなら「リクルートエージェント」

女性新入社員が抱える主な悩みとその対処法 2番目の画像

 女性の社会進出が進む中、未だに役職に就くのは男性が多いのが現状だ。なかなか女性の意見が通らないなど、男性優位社会の強い企業も少なくない。

 女性にとって、働きやすい環境に身を置くことは、仕事をしていく中で重要視したい項目だろう。

 自分と会社の考えの不一致や、人間関係に悩んでいるなら、「リクルートエージェント」で転職することをおすすめしたい。

 リクルートエージェントは、転職成功実績No.1を誇るエージェントサービスだ。土日祝日・平日20時以降も対応・電話面談などを受け付けてくれるのが特徴で、忙しく働きながらでも転職を進めることができる。

 「より生き生きと働ける職場に移りたい」という人は、一度「リクルートエージェント」に登録して、違う職場や職種で自分らしく働ける場所を探してみてほしい。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する