1. 【幹事の方注目!】会社における送別会の流れ

【幹事の方注目!】会社における送別会の流れ

by Grand Parc - Bordeaux, France
 会社の送別会とは、職場などで定年退職される場合や、退職、人事異動による転勤などの場合に催される会です。これまでの功労に感謝の気持ちを述べ、今後の活躍に期待する激励のお別れ会のことを言います。

 では、送別会の幹事を任された場合、どのように準備を進めればよいのでしょうか?今回は送別会全体の流れと、そのための準備について紹介していきます。

1. 送別会の主な流れ

 送別会の進行は大まかには以下のようになります。

(1)開会宣言
(2)挨拶・乾杯
(3)食事・宴会・歓談
(4)送別の言葉
(5)記念品授与や花束贈呈等がある場合にはそれを行う
(6)送られる人による挨拶・スピーチ
(7)万歳三唱・閉会宣言を行い終了

 その後、2次会を企画している場合には、2次会についての案内を行います。

2. 送別会の準備について

 ここでは送別会の準備をする場合についての流れを紹介します。

 まず始めに、定年退職する社員や中途退職する社員、転出していく社員などの人数や氏名、性別や部署、業務等の確認をして下さい。また、加えて退社美日や異動日の確認も必要です。

 次に、送別会の日時を決定します。日時を決める際には出来れば退職や転勤前の最後の出社日に送別会を行う事が望ましいです。勿論主役の都合も重要ですが、業務に支障がなく、配属先の上司が出席可能な日を考慮に入れ、決める事が大切です。

 日時が決定されれば、送別会の会場を決定します。送別会の会場としては、会社近隣の料飲店の他、会社の会議室である場合など様々です。料飲店を利用する際には事前にそれを報告し、会議室で送別会を開催する場合には、ビールやおつまみの準備や出前の寿司等を用意します。時には立食形式にする会社もあります。

 会場を決定する際には、予算や十分な広さが確保できるかという点が最も大切です。最終的には必ず責任者の了承の上で会場を決定します。その後、予算を決定します。予算を決める際には、飲食を伴うかどうか、費用は会社負担か個人負担か、男女で金額を同額にするかなどが議論の点になります。

 最後に挨拶やスピーチを行う人や記念品や花束の贈呈、万歳音頭を取る人を決めます。必要があれば、余興を準備することで、一層送別会を楽しむ事ができることでしょう。

 以上が、送別会全体の流れと、そのための準備についての紹介です。送別会を成功させるためには、事前に進行表を掲示する方がよいでしょう。また、主役に難読な氏名の方がいる場合には、読み仮名を振ります。これらの点に注意し、主役を新天地へ送り届けましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する