1. Facebookにテキスト広告を載せるときの注意点

Facebookにテキスト広告を載せるときの注意点

 ソーシャルメディアでのマーケティングが一般化してきた現在、Facebookのニュースフィードには数多くの広告が並んでいます。あらゆる企業の広告が混然一体となっており、狙い通りの結果を得られている企業も、思ったほどの成果が得られていない企業も多く存在しています。ここではFacebookにテキスト広告を出す際に気を付けるべきことを紹介します。

90字以内で伝えたいことを伝える

 Facebookの推奨するページあたりの投稿テキストは90字以内です。90字以上のテキスト量ではユーザーが情報のすべてを認識しづらくなってしまいます。伝えたい情報を90字以内に凝縮することを念頭に置きましょう。

購買情報やアクションに関する文言も使える

 以前までは禁止されていましたが、現在ではFacebookの広告においてもルールが緩和され、購買情報やアクションについての記載をすることが可能となりました。ただし、画像などを挿入する場合のテキストの割合は全体の20%と定められており、これを順守していない広告は審査で落とされ、広告として流れないためにしっかりと守ることが必要です。ただし、ソーシャルメディアの広告では直接的に購買を促す文章は反感を買うので注意しましょう。

ブランドイメージの向上も意識

 広告はクリックをするまでもなく目に飛び込んでくるものですので、活用次第では自社のブランディングに大きな効果を発揮します。その場でモノを売るのではなく、ブランドイメージとして植え付けてしまうことでユーザーの日常にあなたの会社を浸透させることも可能です。ブランディングの際には、ユーザーが実生活で役立つと思うような内容のテキストや印象に残るようなテキストを発信することブランディングの確立に有効でしょう。


 いかがでしょうか。今回はFacebook広告を載せるときにテキストを書くときのポイントについてご紹介しました。現在のFacebook広告は競争率も高いために、効率的に効果を上げるためには最大限の工夫を凝らす必要が出てきました。今回の記事を参考に、顧客を増やしていける広告を発信しましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する