1. Facebook広告によってユーザーの興味を引く方法

Facebook広告によってユーザーの興味を引く方法

by PhoTones_TAKUMA
 現在Facebookは全世界で 10億人以上のユーザーを抱える巨大なソーシャルメディアへと変貌しました。世界中の人々はこのFacebookの中で、自らの日常のことを発信し、タイムライン上で交流を深めています。

 また、企業も同様にFacebookを使った広告を発信し、自ブランドのファンや潜在顧客に対して訴求を行っています。しかし、情報過多であるソーシャルメディアでは、ユーザーの興味が引けなければその広告も簡単に埋もれてしまうという側面もあり、しっかりと戦略を立て発信することが重要になってきます。

 そこで今回は、Facebookの広告によってユーザーの興味を引く方法について紹介していきます。

1. 投稿は簡潔な文章で行う

 ウォールに投稿する際に気をつけたいことの一つに、投稿文字数があります。コンテンツに対して、ユーザーからの興味を引き、リアクションが多くある投稿は80文字以下が多いとの調査もされており、「読む」ことを前提とした文章での投稿は得策とは言えません。Facebookでは「見る」ことを意識し、重要点だけをまとめ簡潔に投稿するように心がけましょう。

2. 質の高い内容を投稿する

 広告に使うコンテンツは質の高いものである必要があります。質の低い広告を数多く使用したところで、目にも止まらない早さで埋もれてしまうのがオチでしょう。それよりも、1日の中では数を抑え、質の高い広告を発信することでユーザーの興味をさらに引くことができます。

 そして、仮にコメントなどあればできる限りそれに返信しましょう。コメントを返すことで、再度タイムライン上に表示される場合もあり、新たなユーザーの目につくことに繋がります。また、コメントしたユーザーは今後もコメントしようと思う気持ちが自然と芽生えるでしょう。そうなることで自ブランドの広告とユーザーとで相乗効果を生むことが可能になってくるのです。

3. 投稿する時間に配慮する

 Facebookには様々なユーザーがおり、その中にはサラリーマンや学生、主婦などFacebookを利用する時間の異なるユーザーが存在しています。Facebookの投稿の寿命は3時間とも言われており、それ以上の時間になるとユーザーの目につく可能性はずっと低くなります。自ブランドのFacebookページのファンが、どの時間帯に最も多いのかを計算し、広告を発信することでユーザーの目にもつきやすく、興味の対象にもなりやすいでしょう。

4. まとめ

 Facebookを利用することで、今までとはまた違ったマーケティングを展開することが可能になってきましたが、低予算で効率的に効果を上げていくためには、いくつかの条件を満たした広告を発信することが大切です。

 何よりもまずソーシャルメディアはコミュニケーションの場だということを意識し、そこで「モノを売る」のではなく「ユーザーを誘導する」という意識を持って行うことが成功の鍵になるのではないでしょうか。ユーザーの興味を引く有益な広告を発信していくようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する