1. 誠意を持った対応を!退職の意思表示を口頭で伝えるときに気を付けたいこと

誠意を持った対応を!退職の意思表示を口頭で伝えるときに気を付けたいこと

by h.koppdelaney
 会社を退職したいと願うには様々な理由があります。実際に退職を心に決めてから意思表示するには、時間がかかる場合もあります。面と向かって言うのは、文面と違い難しいものでしょう。しかし、口頭での意思表示は誠意を持った対応をするために必要なことです。

 今回は、退職の意思表示を口頭で伝えるときに気を付けたいことについて紹介していきます。

1. 退職時期の決定

 いきなり退職届を提出して、やめますといって出ていくシーンはドラマなどでは見られますが、実際には非常識です。まずは、会社の就業規則に従い、引継ぎなどをきちんとした上で退職しましょう。

 「解約申し入れの日から2週間」というのが一般的のようですが、会社によって違いうため、確認しておきましょう。

2. 上司に口頭で伝える

 退職を心に決めたのなら、今度はそれを意思表示する必要があります。そして、それは直属の上司に口頭で伝えるのがベストです。事情がないかぎりはメールや文面は避けましょう。

 まずは「相談している」という形で、伝えましょう。きちんと相談したうえで決意したということになれば、会社にスムーズに受理してもらえますし、相談された上司も、上司としてのプライドを傷つけずにすみます。人事部の人に直接言いに行ったり、上の部署に話を持ち込むのも同じです。退職する意思をあちらこちらで言うのもNG。ぎりぎりまでは内密にことを運びましょう。

 退職にはやはり理由が要ります。一身上の都合でと文面で書いたところで口頭ではその理由は聞かれるものです。上司には自分がなぜ退職したいと思っているのか、どういう経緯でそうなったのかを伝えましょう。固い決意があることを言えば、きちんと対応してくれます。

 また、理由については、ネガティブなことを言わないほうがいいでしょう。たとえ本心が「しんどいから」「給料が安すぎる」といったマイナス面から来ていたとしても
「将来、これをやっていきたいので勉強の時間がほしい」といった未来の展望を持って話せば、背中を押す形で送り出してもらえます。

 以上が、退職の意思表示を口頭で伝えるときに気を付けたいことです。社員に辞められるというのは会社側としても大きな損失となります。損失を与えてまで自身の意思を貫くのですから、きちんと誠意を持った対応を心がけましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する