1. 退職する職場へ贈り物をする際に意識すべきこと

退職する職場へ贈り物をする際に意識すべきこと

by LH_Wong
 結婚や出産、転職や転居などで職場を退職しなければならない時はあります。特に現在は、雇用の流動化が進みキャリアアップのための転職や留学をする人が増えてきています。そういった時これまでお世話になった職場に分かれを告げなければなりません。

 別れを惜しむのと同時にこれまでお世話になった職場に感謝の意を込めて退職の贈り物をしたいものです。今回は退職する職場へ贈り物をする際に意識すべきことについて紹介していきます。

1. なぜ贈り物なのか?

 自発的な退職の場合、少なからず会社に負担をかけます。人員の損失にかかわる補てんや補充を職場としてしなければならず、補充した人材を教育するコストと手間を強要することになるでしょう。退職するということは職場に残される人にとっては迷惑な部分があるのです。そこで、贈り物を贈ることで残される職場の人たちの気持ちを和らげたいと考えるのも一つの気持ちの表れなのです。

2. 一番は感謝の気持ち

 また、最も伝えたいのは感謝の気持ちです。自分のキャリアを支えてくれたのも、自分という人間を育ててくれたのも、これから去りゆく職場なのです。だからこそ、感謝の気持ちを伝えることがこれからの新しい船出を明るいものとしてくれるでしょう。感謝の気持ちを持って去り際を彩れば、きっと職場の人たちもあなたを応援して送り出してくれるはずです。

3. 何を贈るか?

 では具体的に何を贈ったらよいのでしょうか。お金に余裕があったとしても、あまり高価なものを贈られては相手も困るでしょう。金券などの類も感謝の気持ちが伝わり辛いかもしれません。

 お菓子の詰め合わせなどが無難なところでしょう。食べてしまえばそれで終わりだし十分に気持ち伝わるはずです。他にはハンドタオルやハンカチなどもイメージは良いです。また消費物という観点からは、石鹸や洗剤なども定番でしょう。

4. まとめ

 会社を去るということは残される職場の人間にしてみれば、少し寂しい気分になるものですが、旅立つ人に対してはどんな形でも頑張ってほしいと思うものです。逆に退職する人に対して餞別を贈る習慣があるので、そういった時にも備えて同僚や上司に対して贈り物を用意しておく準備が必要です。

 贈り物の内容は具体的にはどういったものでも構いません。自分で感謝の気持ちを伝えるためにはどんなものがよいかを考えたというプロセスは贈られた人に自然と伝わるものです。たとえ消耗品であっても贈られた「かたち」というものはきっと消えることなく心に留まってくれることでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する