1. ベンチャー企業が資金を調達するための適切な手段

ベンチャー企業が資金を調達するための適切な手段

by emdot
 ベンチャー企業が避けて通れないと言われる道が、「資金調達」です。いわゆる「黒字倒産」というのは、ベンチャー企業などが黒字であるにも関わらず、キャッシュのやり繰りに失敗し、結局倒産してしまうことです。これは資金の豊富な大企業では、あまり考えられないことです。それだけベンチャー企業の資金調達は、重要かつ生命線であるということになります。

 資金調達の手段はいろいろありますが、どんな時でも大事なのは、できる限り安全で現実的な手段を選ぶことです。ここでは、そんな資金調達の手段を紹介していきます。

1. 家族、近親者から借りる

 ベンチャー企業のみならず、起業する場合の資金調達で最も多い、いわば「王道」の資金調達手段です。おそらく、これ以上によい資金調達手段は存在しないでしょう。自分で準備した資金+家族、近親者からの借り入れで、会社の利益が出るまでの期間のキャッシュアウトを賄うのが理想的と言えます。

 しかし、起業する全ての人が家族、近親者から借りられるわけではなく、場合によっては身内である分、事業に失敗したときに家族間に大きな亀裂が入ってしまう可能性もあります。家族、近親者であれど、節度と礼儀を尽くして借り入れることが必要です。

2. 日本政策金融公庫などの公的金融機関から借りる

 日本政策金融公庫とは、政府が100%出資する、公的な金融機関です。政府でやっているだけに金利も安く、現在の経済状況に合わせて制度が作られるので、その融資形態も多彩です。一般の金融機関などからの資金調達は、創業間もないベンチャー企業にとっては、非常にハードルが高い手段のため、このような政府の制度を利用した資金調達が、より現実的手段であると言えるでしょう。

 ただ、気を付けなければいけない点として、「資金調達に必要な書類が多い」、「融資の審査完了までに時間がかかる」ことが挙げられるため、早めに準備をすることが必要な手段であるということが言えます。

3. ベンチャーキャピタルから資金調達する

 ベンチャーキャピタルとは、様々な形で未上場の成長企業に対して出資を行い、将来売却益を得る投資会社です。よって、ベンチャーキャピタルからの資金調達は、借り入れではなく、出資してもらうということになるため、返済という概念はありません。

 これは実に魅力的な資金調達手段に見えますが、まず、ベンチャーキャピタルに対して、売上、利益の成長を説明出来なければなりません。ベンチャーキャピタルが将来出資した資金を回収したときに、利益が出ていなければいけないからです。また、場合によっては自社の経営陣にベンチャーキャピタルからの人員を受け入れなければならない場合もあります。

 急成長していて、将来IPOによる上場を目指すベンチャーなどにとっては非常に魅力的ですが、安定的で規模の急拡大を望まない企業の場合は、ややリスクのある資金調達手段と言えます。

 以上がベンチャー企業が資金を調達するための手段です。資金調達方手段は様々ですが、運転資金がどの程度必要なのかを冷静に分析し、調達期間なども考え、より安全で効率的な資金調達手段を選びましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する