1. 【2つのケース別】退職する旨を上司に報告するときの「理由」の伝え方

【2つのケース別】退職する旨を上司に報告するときの「理由」の伝え方

by
 退職を決意したときに最初にすべきことは、上司への申し出です。直属の上司に直接会って話すのが鉄則です。「私はこの度、退職させていただく決心をいたしました」と伝えると、ほぼ100%の上司はその理由を聞くでしょう。理由の種類にもよりますが、その伝え方を誤ると、上司から無用な引き止めをされたり、場合によっては話がこじれ、円満退社の妨げになってしまうケースもあります。結婚による退職は、理由の伝え方に迷うことはないでしょうから、ここではそれ以外のケースについて上手な伝え方を考えてみましょう。

1. 具体的な転職を考えて退職するケース

 具体的な転職プランがあって、そのために今の仕事を辞するときは、上司にその理由を正直に説明するのが自然な伝え方でしょう。ただ、多くの上司は「考え直してほしい」とか「少し時間をかけて、もっとよく考えてみてはどうか」と、判断保留を求めてくるはずです。しかし、転職を決意した場合、少しでも早く行動を起こしたいもの。判断を先延ばしにされてしまうのは好ましくありません。

 この場合は、いかに自分が真剣に転職を考えているかを具体的に説明し、すでに準備を始めていることをはっきり上司に告げるといいでしょう。「もうそこまで具体的になっているのか」と理解できれば、上司から無用の引き止めを受けずに済むのです。「漠然とした転職希望」という理由では、上司を説得することは難しいでしょう。強い意志と具体的プランを示すのが、説得力のある伝え方なのです。

2. 現在の職場環境や業務内容などに問題があって退職するケース

 難しいのが、はっきりした転職の計画がなく退職を願い出るケース。現在の職場の環境や仕事の内容、業務規定や待遇などに不満や悩みがあって、「とりあえず退職したい。その後のことは辞めてから考える」という場合は、理由を聞かれても正直には答えにくいでしょう。

 もしも正直に答えてしまうと、人生相談のようなことになってしまいがち。上司の耳に入ったために、人間関係がさらに悪化してしまうといったこともありえますし、結論が先延ばしにされて、なかなか退職できないということになってしまうのです。「とにかくやめたい」という決意が固い以上、退職を伸ばされて自分の望まない職場に居続けるのは苦痛でしかありません。

 ですから、正直に理由を説明する伝え方はおすすめできません。それではどうするべきか。このケースでも「具体的な転職」を理由にするといいでしょう。思いつきでも構いませんので、「こういう業界でぜひ働きたいと考えている」とか「将来の人生設計を考えて、別の業界に転身したいと決意した」あるいは「自分で起業する計画を立てている」といった、ある程度具体的な話にするのです。


 いずれのケースも「上司を納得させ、速やかに退職できる」のが、退職理由の上手な伝え方です。そのためには事前にきちんと頭のなかで整理してから、上司に申し出るべきでしょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する