1. 英語が苦手な社会人が最低限身につけるべき4つのこと

英語が苦手な社会人が最低限身につけるべき4つのこと

by Broo_am (Andy B)
 ビジネスの現場がボーダレス化する中、突然英語が必要になることもあるでしょう。通訳や、英語が堪能な同僚の助けがあったとしても、挨拶や自己紹介といった最低限のことはなんとか自分でやりたいですね。そこで、英語が苦手な社会人が最低限の知識を身に着けるためにやるべき4つのことを紹介します。

1. 自分の名前を言えるようになりましょう

 自己紹介の基本は名前です。自分の名前を言えるようになりましょう。自分の名前を言う時のコツは、ファーストネームを2回言うことです。海外では親しくなるとファーストネームで呼び合います。ファーストネームをしっかり覚えてもらいましょう。名前に続けてNice to meet you. もつけましょう。

・I’m Ichiro, Ichiro Tanaka. Nice to meet you.

 相手の名前を知りたい時は、 May I have your name, please? と聞いて下さい。What’s your name? は直接的すぎて失礼な聞き方となります。

2. 体調を聞かれたら「元気です」と答えましょう。

 名前に続いて聞かれるのが今日の体調。いわゆる「How are you?」の質問です。これに対しては「元気です」と答えましょう。ビジネスなので、ちょっと疲れている時もポジティブに「元気です」と答えるのが正解です。その際、中学校で習った「I’m fine, and you?」でももちろん構いませんが、別の言い方をしてみたい方は great やnot bad がおススメです。相手に聞き返す時は「How about you?」などが使えます。

A:How are you today?(今日の体調はいかがですか?)
B:I’m great. How about you? (元気です。あなたは?)
A:Not bad, thanks. (元気です。ありがとう)

3.自分の職業を言えるようになりましょう。

 自分の職業の正確な英語名も言えるようになっておきましょう。ビジネスの現場では様々な人との交流があります。自分の職業名をきちんと言えると相手からの信頼度も高まります。では、いろんな職業の英語名をご紹介します。

・an office clerk(会社員)
・a sales representative(営業担当)
・an accountant(経理担当者)
・a systems engineer(SE)
・a programmer(プログラマ)
・a lawyer(弁護士)
・a police officer(警察官)
・a physician(内科医)
・a surgeon(外科医)
・a pharmacist(薬剤師)
・an architect(建築家)
・a hairdresser(美容師)

 職業を尋ねる質問はたいてい「What do you do?」です。この質問はもともと「What do you do for a living?(生活のために何をしていますか?)」でしたが、現在では for a living は省略するのが一般的です。これを「今何しているの?」と勘違いして「I’m drinking wine.(ワインを飲んでいます)」などと言ってはトンチンカンな返答になるので注意しましょう。

A:What do you do?(ご職業は?)
B:I’m a sales representative. How about you?(営業担当です。あなたは?)
A:I’m an accountant.(会計担当です。)


4. 「I can’t speak English.」とは言わない

 商談や交流が進んでくると、相手がベラベラと早口で話し始めることがあります。英語が苦手な社会人は慌てて「I can’t speak English!」と言いたくなりますが、ここでぐっと我慢しましょう。皆さんは英語が苦手なだけで、まったく話せないわけではありません(英語で名前が言えるのですから!)なので、落ち着いてこういいましょう。

・I don’t speak English well. Could you speak more slowly?
(私は英語があまりうまく話せません。もう少しゆっくり話してくれませんか?)

 can’t を使うと「能力がない」ことを強調してしまうので、don’t を使うほうがより自然に聞こえます。

 以上が、英語が苦手な社会人が最低限の知識を身に着けるためにやるべき4つのことです。日常会話であれば、中学校で習う英語の知識があればたいていのことは言うことが出来ます。時間に余裕のある方は、中学英語を復習してみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する