1. 少しでも印象を良くしよう!面接で声が震えてしまうときの対処法

少しでも印象を良くしよう!面接で声が震えてしまうときの対処法

by Kanko*
 面接ではほとんどの人が緊張するのではないでしょうか。そんな時よくあるのが、声が震えてしまう事です。これに対処する方法は、大きな声ではっきりと答える事を心がけることです。大きな声ではっきりと答える事で喉やお腹に力が自然と入るので、声も安定します。

 今回は、そういった面接で声が震えてしまうときの対処法について紹介していきたいと思います。

1. 面接で声が震えた時の調整の仕方

 面接で声が震えた時は、面接官も気づいています。そのため、喉を少し押してあげ、声帯に刺激を与え声を安定させて下さい。

 ただ、この行動は面接時によくも悪くもありませんが、あまりゴソゴソと動かない事が理想です。なので、分からないように声帯に刺激を与えましょう。また声が震えないようにするには、大きな声でハッキリと声を発する事が一番オススメです。大きな声を出すことで、声帯が安定してきて、震えなくなります。さらに、自然に力が入るので声が安定してきます。

 面接は最初が最も緊張します。そこで、おそらく面接時に一番最初に聞かれる名前を大きな声で言いましょう。生まれ持った自身の名前であれば、間違う事なく自信を持って言えるはずです。一度大きな声を出すと、声が出やすくなり、声が震えることはなくなるでしょう。

2. 面接で声が震えた際に謝る方法

 面接で声が震えてしまうと、相手も内容を理解し辛くなります。そんな時は、一言「すみません」と言えば相手も理解してくれるはずです。

 面接で話を広げる事も大切で、自分にどれだけ興味を持って頂けるかが重要です。面接の際に全く質問されない人もいれば、質問攻めに合う人様々いると思います。話をどれだけ広げ、その中でいかに自分の主張が出来るかが重要になります。声の震えから、様々な方向に話を広げていきましょう。

 以上が、面接で声が震えてしまうときの対処法です。緊張により、声の震えが起きるのも仕方ありません。声が震えた際は、少し声を大きくし声帯を安定させることと、自分の名前をはっきり言うことの2点が重要です。これらを意識し面接に臨みましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する