1. 英語でビジネスメールを書くことが出来るスキルを習得するための練習方法

英語でビジネスメールを書くことが出来るスキルを習得するための練習方法

by Mooganic
 英語力が求められるビジネスシーンにおいて、ビジネスメールが書けるかどうかもスキルとして判断されるポイントになるでしょう。ビジネスメールが書けるようになるためにも、英語の練習をしておく必要があるのではないでしょうか。ここでは、英語でビジネスメールが書けるようになるための練習方法を紹介したいと思います。

英語のビジネスメールで使われる定型文を覚える

 日本語のビジネスメールではテンプレートのように使い回しが聞く定型文がありますが、英語で書く場合にも、定型文を使うことができます。たとえば、「いつもお世話になり、ありがとうございます。」を英語で書いた場合は「Thank you for your continuous support as always.」となり、「大変お世話になっております」は「We always appreciate your business.」となります。まずは、自分が日本語でメールを書く際の色々な定型文や言い回しをインターネットなどで英訳して覚えていく事がひとつの練習となるでしょう。

日本語のメールを英文のメールで作り替えてみる

 ビジネスマンであれば、日本語でメールを打つことは多くの機会で存在すると思いますが、その時に打った文章を英語に訳すことがビジネスメールを英語で送る場合の練習になるのではないでしょうか。英語圏の国と日本では、文化の違いも有りますが、基本的には同じビジネスマナーで行動しています。まずは、自分のメールを翻訳することで、だんだんと英語でメールを作成することができるようになるでしょう。


 ここでは、英語でビジネスメールを送るための練習方法を紹介しました。英語でメールを送るとなると、少し難しいと感じると思いますが、ここで挙げたような練習方法で、しっかりと身につけてしまいましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する