1. 転職の面接結果をお世話になった人に対して報告するときのポイント

転職の面接結果をお世話になった人に対して報告するときのポイント

 転職活動をすることによってお世話になったり迷惑をかけてしまう人もいると思います。そのような人たちには、面接結果がどうだったのかを報告する必要があります。今回は自分が所属していた会社で報告する時のポイントをご紹介します。

会社ではまず直属の上司に話す

 転職成功はとても素晴らしいことですが、今までいた会社を抜けることでその会社は新たな人材をあなたの代わりに立てなければなりません。トラブルに見舞われないためにも、しっかりと報告が必要ですが、まずは自分の直属の上司に話をするべきしょう。自分が抜けることで、その色々な仕事をまずカバーするのは直属の上司になりますし、働いていた間も大変お世話になっていたと思います。万が一、直属の上司との関係が良くない場合でも、社会人のマナーとしてしっかりと直属の上司を通して報告をすることが大切です。

しっかりとした理由を説明する

 新しい会社へと移動する時には、現在いる会社を気持ちよく退社できるように心がけなければなりません。転職の成功を報告する際にも、退職するということに合わせて、自分の持っている退職理由をより具体的に伝えることが必要です。もし理由もあいまいで退職するとなると、今までお世話になった人たちの所属する現在の会社があなたに対して不信感を募らせても不思議ではありません。あなたの転職したいと考えていた理由をしっかりと伝えることで、退職する会社の理解も得られるようになるでしょう。

新しい会社に慣れた頃に報告する

 今までお世話になり新たなチャレンジを応援してくれる人にとって、新しい会社に馴染めているか、業務がしっかりとこなせているかということは非常に気になる点ではあります。そのため、転職して落ち着いたらそのこともきちんと報告することもおすすめします。新しい会社で頑張っているということを伝えればきっと安心してくれるでしょう。

 お世話になった人にきちんと報告をすることは、その後も関係を続けていく上でとても重要になります。きちんとした報告ができるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する