1. 個々人における仕事の役割分担と効率的な組織運営をするためにやるべきこと

個々人における仕事の役割分担と効率的な組織運営をするためにやるべきこと

 役割とは、組織が経営目標を達成するために各社員が担当できるようにまとめたものです。組織を構成する上で、社員一人ひとりはどのような役割を果たすのか、人により役割をはっきりとさせることで組織全体を効率化することができます。 

仕事上の役割分担の大切さ

 役割を分担する際には、適材適所を実現すること大切です。機能がきちんと果たされるように、その場所に適した人材を配することできちんと組織が機能するようになります。また、仕事のスタッフィングは上手くても当てはめるべき場所が曖昧であっては意味は無しません。 

 組織において、役割を配することで各自労働者に使命感が生まれて責任を果たしていくことができるようになります。役割を示すには、役割の内容をまず明らかにして成果を定義する必要があります。次に役割を格付けし、その役割のキャリア開発の道筋を検討します。キャリア開発の道筋を示すことで、どのルートをたどり上位の役割へと進むのかが明示され、社内のモチベーションアップに効果的です。 

効率的な組織を生み出す為にすること

 個人が役割を果たす為には、各々が「自分はその組織で今何を行えば貢献していけるのか」という課題を考え、行動していくことが大切です。貢献するために目標を組み立てる際には、優しすぎず難しすぎず、背伸びをする程度で達成可能なものがよいでしょう。具体的に貢献内容を考える際には「今組織の状況から何を求められているのか」「自分の長所や短所はどのような部分で活かすことができるのか」「自分がそれを行うことにより、どのような成果が期待できるか」という部分を検討していきましょう。 

 これらを独自に判断していくことで徐々に成果が表れ、周囲からの評価も変わってくることでしょう。さらに、そうすることで新しいことにチャレンジするチャンスも増え、自分で気づく事が無かった才能までもが開花する可能性は十分あります。それらが積み重なることにより、組織としても業績を向上させていくことでしょう。 

 組織にとっては個人個人が大切な役割を持った存在です。そのため、一人一人が貢献する気持ちを大切にすることで会社全体のモチベーションが上がっていきます。モチベーションが上がった後は、いかにそれを維持できるかというところがポイントです。 

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する