1. 面接の日程変更を直前に連絡する際に絶対に知っておくべきマナー

面接の日程変更を直前に連絡する際に絶対に知っておくべきマナー

by sekido
 面接は相手にも時間をとってもらっているため、きちんとその時間を空けておくことが大切です。しかし直前になってどうしても行けないことが分かるということもあるでしょう。ここでは、面接の日程変更を直前にすることになった場合の注意点をいくつかご紹介します。

 直前の連絡は電話で

 直前に日程変更をお願いしなければならない事態になった場合は、必ず電話で連絡するようにしましょう。メールでは誠意を見せることができません。電話をかける場合は、まず自分の名前を名乗り、担当者に変わってもらいます。担当者が不在の場合には、改めてこちらから連絡することを伝えましょう。その際「何時頃お戻りになられますか?」と言葉をかけることでスムーズに会話が進みます。

 担当者が出た場合には、今話しても大丈夫かを確認し一番最初に用件を伝えます。「大変恐縮ですが」などの言葉を入れることも良いでしょう。この電話の中で再度面接の時間をとってもらうようにお願いすることも大切です。先方から指定がある場合にはその選択肢の中からなるべく選びましょう。「いつでしたら大丈夫ですか」と聞かれた場合には、自分の予定を言った後に「御社のご都合はいかがでしょうか」と言葉を添えると印象がよくなります。最後に面接日を再び確認し、お礼を述べて電話を切ります。このとき、電話が終わってすぐに切るのはマナー違反です。先方が電話を切るのを待ってから受話器を置くようにしましょう。

身内の不幸の場合はきちんと伝える 

 通常は「都合が悪くなり」と付け加えることで相手には十分その理由が伝わります。しかし、理由によっては日程変更は仕方がないと相手も認める場合もあります。例えば、身内が不幸にあった場合等です。このような場合は面接日程を変更してもらう理由として十分通用します。逆にこの理由を言わなかったが為に相手に悪い印象を与えてしまうこともあるため、身内の不幸の場合には注意が必要です。

 いずれの理由にしても、振り替えてもらった面接のときには、最初に「本日は面接の日時を変更していただき、ありがとうございます。」と伝えるようにしましょう。変更していただいた日程、時間にきちんと遅れずに面接会場に行くということも重要です。日程変更を行うことでイメージは悪くなってしまうかもしれませんが、そのときの対応により信頼を多少取り戻すことはできるはずです。ぜひ参考にしてみてください。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する