1. 【何分前がベスト?】面接を受けるときに知っておきたい訪問時間のマナー

【何分前がベスト?】面接を受けるときに知っておきたい訪問時間のマナー

 面接を受ける際には様々なマナーが存在します。その一つが面接会場への到着時間。今回は、面接会場を訪問する時の到着時間のマナーについてご紹介します。

到着は早めに

 面接場所に訪問するならば、事前に到着するまでの道のりは確認しておくことでしょう。電車の乗り換えやバスの時刻表、徒歩での道のり。万が一の事を考えて、余裕を持って会場に到着するようにしていると思います。そこで早く到着してしまった時、どうするかが大切です。遅刻しなければ良いと思って、到着早々に訪問するのは良くありません。

・前の面接が終わっていない
・面接の前に他の予定や準備があった
・長く待機しておくための場所を用意していなかった

 など、会社側に手間を取らせることとなってしまい「相手の事を考えてくれない人だ」という印象を与えてしまいます。到着と訪問の違いをよく認識しておき、あくまでも到着は早めに、そして訪問はベストなタイミングを狙って向かうのがオススメです。

遅刻は厳禁!ベストは5〜10分前に訪問

 訪問に丁度良い時間は「5〜10分前」と言われています。もちろん遅刻は厳禁です。

・面接を控えて身だしなみの最終チェック
・呼吸を整えて心拍数を落ち着ける
・不安に傾かない程度に頭の中を整理する

 といった、面接前にしておきたいポイントができる程度の時間が大切です。また、5〜10分前ならば、会社にとっても「丁度良い時間」と受け止める長さでもあります。面接する側としても、面接の準備や前の予定を終わらせて、自分を迎えるのにぴったりな時間なのです。10分以上前に到着したときは、面接場所を確認したうえで、トイレや喫茶店などで身だしなみを整えたり面接で伝えたいことの確認をしておくようにしましょう。そして時間が来たら面接場所を訪問するのがおすすめです。

 面接場所を訪問する時に気をつけたいこと。それはやはり「相手に対して気を使っている」という配慮の気持ちです。「少しでも早く訪問して良い印象を与えたい」と考えるあまり、約束より30分も早く面接場所を訪問するようでは、まったく相手に対しての配慮が感じられません。同じように、遅刻ギリギリで息を切らしながら、慌ただしく乱れた髪型で面接を受けるのも、面接官に対していい印象は与えないでしょう。訪問する時間をきちんと管理して、お互いにいい状態で面接に望めることが理想的です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する