1. 英語で自己紹介をするときに入れておきたい内容

英語で自己紹介をするときに入れておきたい内容

by Kıvanç Niş
 英語で自己紹介する場合は、開始からいきなりビジネスの話に入ってしまうと、なかなか良くない印象を受けることもあります。しっかりと内容を考えた上で、話すことが重要になります。ここでは、英語で自己紹介するときに話す内容を紹介したいと思います。

出身地とその文化

 出身地を紹介するのが自己紹介の定番と言われています。日本のこと、もしくは自分の出身地や会社の所在地について軽く紹介すると良いでしょう。日本ではあまり無いかもしれませんが、海外は国土が広く、このような内容を取り入れていることが多いようです。

自分の専攻や職歴

 ビジネスシーンでの自己紹介であれば、今どんな会社でどんな仕事をしているか紹介出来るようになっておきましょう。商談や会議などでは、自分のプロフィールとして必須の項目であり、また、そうでない、簡単な会合でも会社や仕事の話で会話が広がるかもしれません。

自分の好きなことを伝える

 自分が好きなことというのは、自己紹介の中でも話しやすいと思います。自己紹介をするときに会話がひろがり、また、英語であってもしっかりと話すことができるため、内容として盛り込んでおくと話がスムーズになるでしょう。


 ここでは、英語で自己紹介を行うときの内容を紹介しました。ビジネスの内容以外で自己紹介の内容を考え、話すと、連携が取りやすくなったり、信頼してもらえることにも繋がります。自己紹介をするときはここで紹介した内容をしっかりと押さえるようにしましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する