1. 英語の発音やアクセントを良くする練習をするときに知っておきたいこと

英語の発音やアクセントを良くする練習をするときに知っておきたいこと

 英語をどれだけ勉強しても、なかなか上手にならないのが発音ではないでしょうか。今回は英語の発音やアクセントが今より良くなるために練習するときに知っておきたいことについてご紹介します。

疑問文の文末については一旦忘れる

 文法を勉強した際に私達が教わったのが、疑問文の形態によっては文末を上げたり下げたりするということでした。例えば「What time is it now?」は5W1HのWhatから始まるので文末は下げるといったことです。もちろん基本的にはこの用法は適用され正しいです。しかし、実践で使用する英語はそれほどきっちりはしていなくて、ネイティブでもその時の気分によって不確かな情報について話をするときは肯定分の文末を上げたり、少し怒っているときなどは疑問文の文末を下げたりするものです。あまりそういうことに囚われてしまうと、大事なところでアクセントが置けなくなってしまったり他のことに気が回らなくなってしまいます。そのため、文章のイントネーションに関して学校で学んだルールは一旦忘れてしまうことも手です。するともう少し自由に話が出来たり文章の組み立て方のアイデアが浮かんできたりするかもしれません。

日本語の単語は最後から2番目にアクセントを

 相手に日本のことを話すなどで、日本語の単語をそのまま英語として話すこともあるかもしれません。そこで気を付けたいことが、アクセントの置き方です。基本的に日本語の単語については日本の発音で伝えるのがいいのでしょうが、それだと日本語が出てきた途端にせっかく話していた英語に日本語の要素が入ってしまい、その語句を含んだ文章自体の強弱の付け方が混乱してしまうな場合があります。そこで、殆どの日本語は後ろから2発音目にアクセントを置くように心がけてみましょう。例えば「おりがみ」は「が」に、「おおさか」は「さ」に、「おまもり」は「も」にというようにアクセントを付けると、その語句を含んだ文章が日本語化せず英語のままとして話せ、また相手も聞き取りやすいので会話もスムーズに進みます。

強調したいところにアクセントを置く

 普段私達は日本語を話す時、自然とその文章の中で一番伝えたい個所、単語にアクセントを置いています。例えば「今朝、電車に乗り遅れてね。」の場合は「乗り遅れる」がアクセントになり、同じ内容を伝えるのでも、「電車に乗り遅れたのは昨日じゃなくて今朝だよ。」の場合は「今朝だよ」がアクセントになると思います。これと同じことを英語でも伝えられる練習を常日頃からしていると、文章の運びがとてもなめらかになります。例えば、"Now, I would like to introduce some of our products.(これから私達の製品を紹介していきたいと思います)"の場合は、製品を紹介することが一番大事ですので、「introduce」にアクセントがきます。"Some of our buildings have very imposing structures."(いくつかの私達のビルはとても印象的です。)の場合は、「私達の」と「印象的」を強調するので「our」と「imposing」にアクセントを置いて話します。この練習をしていくことにより、発音も上達するはずです。

 一言で発音やアクセントといっても英単語は無数にありますから、それを網羅して一つ一つ修正するのは大変です。まずはご自身が身近に使いそうな文章や気に入っている文章からゲームのように組み立てていく、そんな日々の積み重ねが大事かもしれません。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する