1. 英語の発音が下手な人の特徴とその改善方法

英語の発音が下手な人の特徴とその改善方法

 英語の発音が下手で、ネイティブに通じないような話し方をしている人には、共通の特徴があります。今回は、英語の発音が下手な人の特徴とその改善ポイントをご紹介します。

発音が下手な人の特徴

カタカナ表記で英語を覚えてしまう

 英語の発音に自信がないからとカタカナ表記で英語を覚えようとする人がいますが、これはやめるようにしましょう。カタカナ読みに頼ってしまうと、英語の発音はどんどん下手になってしまいます。英語の発音はカタカナでは表記できません。日本人に最も多い英語の発音が下手な人の特徴は、カタカナ英語の発音をしているということなのです。例えば「What’s this?」は、決して「(ホ)ワッツディス?」ではありません。

単語の最後をいつも母音で終わらせる

 どうしても日本語英語の発音から抜け出せない人の特徴として、「単語の最後を母音で終わらせたがる」ということがあげられます。日本語は全ての音が「母音」もしくは「子音+母音」になっているため、「子音」のみの発音に慣れていないからです。例えば「book」と言う時、あなたは「ブック」と言っていませんか。この単語の終わりの音は「ク(k + u)」ではありません。厳密に言えば、「ク」ではなく口の中で出す「k」の破裂音のみです。同じように「shop」の終わりの音は「プ(p + u)」ではなく、唇で出す破裂音「p」の音だけなのです。英語の中にはもちろん、母音で終わる単語もたくさんありますが、子音で終わる単語には不必要な母音を付けないように注意しましょう。

改善方法

カタカナのルビは読まないようにする

 「カタカナ英語症候群」を改善していくには、英語を読んでいていカタカナのルビがあったときは絶対に読まない姿勢で臨みましょう。またカタカナで表記された英語は本当の英語ではないという意識を持っておくことも大切です。

発音記号で覚えるようにする

 発音は発音記号で覚えることを心がけてください。めんどうだと感じるかもしれませんが、今までカタカナで英語を読んでいたことを発音記号で読むようにするだけであなたの英語の発音は飛躍的に改善するでしょう。発音記号の説明は、インターネットでも検索できます。以下のサイトなどをご参考下さい。
 今回は英語の発音が下手な人の特徴を二つ挙げ、改善ポイントをご紹介しました。しかしながら、英語の発音の改善に一番必要なのは柔軟に、そしてポジティブに練習に取り組む態度でしょう。自分の英語の発音がどんなものか、英語のネイティブにチェックしてもらう機会を持つことも大切です。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する