1. 経営革新を起こす時に必要になる覚えておきたい手順

経営革新を起こす時に必要になる覚えておきたい手順

 経営革新とは、現在の企業から更に新たな事業展開を果たすために行なう施策の事です。事業の業績の現状や課題を見直したり、業績をより向上させる方法を考えたり、経営の向上方法を考えたりします。 

経営革新を行う際の手順

 経営革新の基本的な手順は、まず始めに企業の概要のヒアリングを行います。ここでは、企業のビジョンや社長の想いや理念などを明確にします。次に、企業のSWOT分析や財務分析などを行います。現段階における企業の強み・弱みや外部環境のチャンス、外部環境の脅威の分析をはじめとし、それらを経営幹部のブレーン・ストーミングにより自己分析します。 

 またそれと同時に、経営数値にて経営効率の分析も行なうとよいでしょう。 続いて事業のドメインや事業価値の見直しを行います。ここでは、将来ターゲットとする事業領域や競争優位性を実現する為の事業価値をもう一度定義しなおします。 それが終われば企業の重点経営革新課題の抽出を行い、新しい事業モデルの図式化を図ります。加えて革新・改善課題の実行計画を策定し、スケジュール化や役割分担などを行います。その後「経営戦略企画書」を作成し、各部門や事業部における戦術企画書の策定を行います。ここでは、必要に応じて部門業務教育や訓練を実施します。 

 最後に業務改善の為の情報化戦略を検討し、必要に応じて情報システムを導入したり更新したりします。基本的には、事業活動における生産管理や品質管理などの業務をスムーズに進める手法の1つであるPDCAサイクルを行う事が出来れば計画はそれのみでほぼ実現することができます。

経営革新をするために必要な方法

 中小企業が経営革新を行う場合には、経営革新法への申請がおすすめです。経営革新法では、国や県からの認定を受ける事ができます。また、認定を受ければ各種の公共機関から支援策を受けやすくなり、公的資金の導入や各種助成策、有利な税制などの支援も受ける事ができます。 

 さらに、金融機関からの信用力も増すため認定してもらって損は無いでしょう。経営革新はきちんとした手順を踏んで行うことで、成功に導いていく事ができます。とりわけPDCAサイクルを重視することで、成功率も高まります。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する