1. 「明日面接結果の通知がある…」と分かっている場合にしておくべき心の準備

「明日面接結果の通知がある…」と分かっている場合にしておくべき心の準備

by scarletgreen
 就職や転職で面接を受けたとき、その結果通知は誰もが気になるものでしょう。通知の期日が明確に示されているケースであれば、尚更です。その前日はほとんどの人が「いよいよ明日、面接の結果がわかる…」と緊張し、落ち着かない時間を過ごすことになるでしょう。そこで、面接の結果が明日判明するときの心の準備についてアドバイスしましょう。これは人によって感じ方の違いがかなり大きいと思うので、「自分は特に気にしやすく、ハラハラしやすい性格だ」と思う人のみ参考にして下さい。

心の準備はただ1つ、「良くない結果を想定すること」

 面接の結果通知を明日に控えたときにするべき心の準備は1種類しかありません。それは「良くない結果を想定する」ということです。というと、「そんなマイナス思考でいいのか?」という疑問の声も挙がるでしょう。

 しかし、企業の危機管理を考えると、その意味がわかるはずです。どんな企業でも常に最悪の事態を想定し、その危機管理を行っています。面接結果の対応もそれと同じ。最悪の結果を想定し、それを前提として後の対応策を考える、これが、明日結果が判明するとわかっているときの心の準備の大前提です。

「次」を準備する

 そこで、おすすめしたいのが、悪い結果を前提として、「次」の準備を実際に始めることです。「今回の結果が良くないものだった場合、自分はどんな行動を起こすべきか」ということを結果が判明していない段階で考え始め、それに対する対策を講じる。面接結果が明日わかるというときにするべきことは、まさにこれです。ただ、「心配だ、不安だ、落ち着かない」と、無駄に時間を過ごしてしまうのは非常に勿体ないと言えるでしょう。

 それよりは、悪い結果を前提にして、「そうなった場合、自分が次にすべきことは何か?」を考え、実際に行動に移すほうがずっと建設的ですし、意味のある時間の過ごし方と言えます。

 具体的には、インターネットで別の求人情報を収集することをおすすめします。面接の結果が合格であれば、実際に行動する必要はなくなるでしょう。それでもいいのです。「今」の不安を忘れるためにも、心の準備をしながら「次」の具体的な準備を始めることが、精神的にも良いでしょう。明日までの限られた時間、いわば「緊急避難」と考えて、気を紛らわせるために検索した情報が後に役立つことも少なくないのです。

 
 明日、面接の結果が判明する。これは、人生の中でも有数の緊張の瞬間と言っていいでしょう。その時、「案外合格しているかも」と考え楽観的に構えるのは、決して悪いことではありませんが、結果が想定外であった場合、その後により大きな好ましくない影響を与えてしまうケースが少なくありません。であれば、悪い結果を想定して「前に進むための心と実際の準備」をしておく方が、ずっと実質的な効用があるのではないでしょうか。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する