1. 英語のスピーキングをする時にすぐ語彙を思い浮かべるための練習方法

英語のスピーキングをする時にすぐ語彙を思い浮かべるための練習方法

by pedrosimoes7
 英語を話している時、言いたい事があるのに、その言葉が出ずに、困った経験をしたことはありませんか?特にビジネス英語では、自然なスピードの英会話が要求されるため、自分の頭に入っている英語の語彙を、スムーズに活用していかなければなりません。ここでは、英語のスピーキング時に、すぐに語彙が思い浮かぶためにできるトレーニング方法を紹介します。

語彙をカテゴリにして覚える

 人間の脳は、物事を記憶する時、自然にカテゴリーを作って保存しています。例えば、「友人の名前」「仕事に持っていくもの」「よく行く店の名前」など、無意識に脳がファイルを作って、その中に記憶しているのです。その中で、あなたが使う言葉は、すぐに取り出すことが出来る位置にありますが、なかなか使わない単語は、記憶の中でもカテゴリ分けがうまくできず、なかなか単語は出てこない原因になります。英語の語彙を記憶する時は、意識的にカテゴリを考えてインプットしておきましょう。「交渉用語」「専門用語」「雑談用語」などと、カテゴリを連想して覚えておくとやりやすいです。

語彙をしっかりと記憶した上で発音のルールを押さえる

 英語の発音にはルールがあり、綴りによって発音が分かる場合もあります。そのため、しっかりと、語彙としてワードを記憶していて、発音のルールを押さえることができれば、スピーキングの際もスムーズに単語を言うことができるのではないでしょうか。まず語彙をしっかりと記憶することが大切ですが、ルールは覚えることも少なく、すぐにりかいできるでしょう。


 ここでは、英語のスピーキングの際にすぐに語彙を思い浮かべるためのトレーニング方法を紹介しました。記憶の仕方や覚えるものを工夫することで、スピーキングの際にもしっかりと語彙力を活かすことができるので、実践してみましょう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する