1. ビジネスシーンのリマインドメールを英語で送る時に使える表現

ビジネスシーンのリマインドメールを英語で送る時に使える表現

ビジネスシーンのリマインドメールを英語で送る時に使える表現 1番目の画像

 リマインドメールとは、相手に何か催促をする際や、相手が〆切や約束などを忘れないために送るメールの事だ。何かイベントなどの企画やミーティングの設定などにも送られる。

 ここでは、ビジネスシーンにおいて、英語圏の人にリマインドメールを送るときに使える表現について、紹介していこう。

【1】リマインドメールの件名について

 英語圏におけるリマインドメールの表現は大体決まっている。まずはリマインドメールにおける件名だが、以下のようなものが一般的だ。

Reminder: Meeting Tomorrow(ミーティングについて)

・Reminder for ○○Seminer on 1 June(6月1日開催のセミナーについて)

・Appointment Reminder(約束の確認)

・Final(Quick)Reminder(最終確認の確認)

 中には「Reminder」という表現の入っていないリマインドメールも存在する。しかし、内容が伝われば大丈夫だ。

【2】本文に使われる表現について

  本文に使われる表現には以下のようなフレーズが有効だ。

・This is just a friendly reminder that ~(~について念のためお知らせいたします)

・I would like to inform you that ~(~について念のためお知らせいたします)

・This is my second e-mail just in case you haven’t checked it.(これは2度目のメールになります。読んでいなかったかもしれないため一応お伝えします)

・You may/might remember but〜(~について覚えていらっしゃるとは思いますが)

・The deadline for application is Feburuary 27th, as I mentioned in an earlier mail.(この間のメールでお伝えしました通り、応募の締め切りは2月27日となります)

 このような表現を使って、相手が締め切りなどを覚えているのか確認するようにしよう。

 また、自分が送ったリマインドのメールをきちんと相手が受け取ったのかを確認するために、以下のような表現も入れると便利だ。

I would appreciate if you could reply as soon as possible.(早急なご回答をお待ちしています)


・I would be grateful if you could reply.(返事をいただけると幸いです)

 特にビジネスにおけるリマインダ―メールでは、相手に対して高圧的な態度は控えるべきだ。上記にあげた表現も参考にして、丁寧な文章を作成してみよう。

U-NOTEをフォローしておすすめ記事を購読しよう
この記事を報告する